1. 趣味
    2. 古着ファッション初心者向け!古着のTシャツの選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    古着ファッション初心者向け!古着のTシャツの選び方

    夏ははっきり言ってTシャツが主役。でも、「普通のTシャツだと余りにオシャレじゃないし」「かといって特徴のあるデザインのものを買って、他の人と被ったら恥ずかしいし」…とお感じの方も多いはず。

    そんな時にオススメなのが「古着Tシャツ」。程よい“よれ感”と“一点もの”のデザインは、主役をはるのに十分な存在感です。

    そこで、ここではリサイクル古着屋「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」から、古着のTシャツを選ぶ時のポイントをお教えいたします!

    本記事は、dondondownのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    その1:【入門編】古着Tシャツを選ぶ時に気をつけるポイント

    (1) 脇や首回りの染みに要注意!

    特に色の薄い(白、アイボリー、グレーなど)Tシャツの場合、一番に気をつけて欲しいのが、脇や首回りの染み。皮脂などが付いて変色している場合があります。

    長く蓄積した染みは、購入後自分で洗濯しても落とすのが難しいので、できるだけ染みの無いものを選びましょう!

    (2) よれ感、生地の薄さはアリ!

    古着の特徴として、新品には無い「使用感」が挙げられます。一見デメリットのように感じられがちですが、実はこれ、古着のTシャツにおける良さだったりします。この「使用感」で、新品では出せない着崩し感、抜き感を演出することができます!

    ただし、極度に着古され、生地が薄くなってしまっているものもあり、こういったものは購入後破れやすくなってしまうので、注意が必要です。

    (3) 意外に気づかない、裾の痛み具合

    変色や全体的な毛玉感はぱっと見た時にわかりますが、意外と気づかないのが「裾の痛み具合」。

    ベルトやバッグによって、裾、特に後ろ側が擦れてしまっていることがあります。こういったものは、裾が少し破れていたり、毛玉になってしまっていたりします。

    出来るだけ状態の良いものが欲しい人は、特に気をつけて見て下さい。

    その2:【応用編】古着Tシャツを選ぶ、デザインのポイント

    ★定番のロックTで、オシャレな外しを楽しもう!

    古着Tシャツの定番と言えば「ロックT」!別にロックが好きでなくても、「これ誰?」っていうアーティストでももちろんOK!

    やはり黒のボディーにアーティストのプリントがされているものが定番で、ツアーTシャツ(背中にツアー先の地名が書かれたTシャツ)なんかもレアです。

    ハードなロックTには華やかなアイテムを合わせるのが今風です!

    ★人気のキャラクターもので、大人カワイイを演出!

    特に人気なのは、やっぱり「ミッキーマウス」や「スヌーピー」等!何にでも合わせやすく、インパクトもあるので、これ一つで十分おしゃれ感を演出できます。

    敢えて大人の人にこそ着て欲しいキャラクターTシャツは、カッチリ系アイテムと合わせることで、ドレスダウンにも使えます。

    ★上級者は「タイダイ」で派手に決めよう!

    普通の古着Tシャツでは最早満足できないアナタは、是非「タイダイ」に挑戦して下さい。とにかく派手なタイダイを制覇すれば、オシャレ上級者間違い無し!

    タイダイTシャツは全体的にサイズが大きいものが多いので、自分に合ったサイズ感のものを見つける事がポイントです。

    おわりに

    新品でも安いTシャツが沢山出回っている昨今、わざわざ古着で買わなくても…と思う方もいるのでは?でも、新品のTシャツは、どれも似たようなデザイン。なかなか「これ!」というものを見つけるのが難しいのです。

    古着Tシャツは、1点1点デザインも異なり、個性が出しやすいアイテム。「オンリーワン」のコーディネートを楽しみたいアナタは、是非挑戦してみて下さい!

    後は何事も「無理なく」、「楽しく」オシャレを楽しむこと。新品のアイテムと上手に混ぜて古着を使って下さいね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人