\ フォローしてね /

くさり模様のミサンガの作り方

「身につけていたミサンガが自然に切れたら願いが叶う」という願掛けは有名ですよね。子どもの頃にチャームのようにつけていたり作ったことがある、という人も多いのでは?ここでは見た目のキレイな「くさり模様のミサンガ」の作り方をご紹介します。鍵編みの1つである鎖編みは難しそうなイメージの編みかたですが、かぎ針は使わずに編むので編み物が苦手という人も安心。やり方の説明は写真やイラストも付いているのでとてもわかりやすくなっています。おしゃれなミサンガを手作りしてみましょう!

2本の糸で簡単に作れるくさり模様のミサンガの作り方をご紹介します!

ミサンガを作った理由

筆者が小学生の頃ミサンガが大流行して、筆者もいろいろ作って付けていましたが、最近久しぶりに、サッカーを習っている子供へのプレゼントでミサンガを作りました。

使用する道具・材料

  • お好きな色の25番刺しゅう糸約100cmを2本(細い糸6本で1本とします)
  • セロハンテープ

ミサンガの作り方

STEP1

2本の糸を端から2cmくらいのところで一緒に玉結びをして、セロテープで机に止めます。

STEP2

(1)の糸を軸として、(2)の糸を「4」の字を描くような形にして(1)の糸の上を通して持ちます。

STEP3

(2)の糸を一度(1)の糸の下をくぐらせて、(1)の糸の上に出します。

STEP4

(2)の糸を右上にきゅっと引っ張って、結び目を引き締めます。

STEP5

(1)の糸を軸として、(2)の糸を「逆向きの4」の字を描くような形にして(1)の糸の上を通します。

STEP6

(2)の糸を一度(1)の糸の下をくぐらせて、(2)の糸の上に出します。

STEP7

(2)の糸を左上にきゅっと引っ張って、結び目を引き締めます。

STEP8

STEP2~STEP7までを繰り返して、好きな長さに編みます。

STEP9

作りたい長さに編めたら、2本一緒に珠結びをして完成です!

ミサンガを上手に作る際のポイント

初めて作る場合は、軸糸がどちらだったかわからなくならないように、片方の端にセロテープを捲いて目印を付けておくとよいと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。