\ フォローしてね /

簡単!チリコンカーンの作り方

ホクホクしたお豆と、スパイスの効いたメキシカンな味わいが美味しいチリコンカーンは、作り方も簡単なので是非おうちでも作ってみたい料理です。

でもスパイスが独特でネックです。クミンシードやパプリカパウダーなど、わざわざ買い揃えるのが面倒という方は多いのではないでしょうか。

そこで、ここではタコスを作るときに使うタコシーズニングを使い、チリコンカーンを作るレシピをご紹介します。

タコシーズニングは最近は輸入食材店だけでなく、大きなスーパーでは普通に見られるようになりました。1袋使いきれるので、気軽に美味しいチリコンカーンを食べられます。

材料(4人分)

  • ひき肉…250g
  • 豆水煮缶…1缶(正味250g)
  • 玉ねぎ…中2個
  • トマト…2個(もしくはトマト缶1缶)
  • タコシーズニング…1袋(30g)
  • ケチャップ…大さじ1
  • ウスターソース…大さじ1
  • 塩コショウ…適宜

ひき肉は正式には牛肉を使いますが、合挽でも豚肉でも美味しくできます。豆はキドニービーンズ(いんげん豆)や、ガルバンゾ(ひよこ豆)が多く使われますが、なければ大豆でも美味しくできます。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:トマトに切れ目を入れる

トマトを湯剥きする準備をします。トマトの底に十字に切れ目を入れます。

STEP2:トマトを湯剥きする

沸騰したお湯にSTEP1のトマトを入れ、10秒ほどお湯につけたら冷水に取ります。

手で持てるようになったら、十字に切れ込みを入れた部分から、皮を剥きます。

STEP3:トマトを切る

湯剥きしたトマトを1cm角に切ります。ホールトマト缶を使う場合も、切るか、握り潰すかして細かくします。

STEP4:玉ねぎを切る

玉ねぎはみじん切りにします。

STEP5:玉ねぎを炒める

厚手で深さのある鍋に、サラダ油大さじ1(分量外)を熱し、みじん切りにした玉ねぎを炒めます。

弱火~中火で5分ほど、玉ねぎがうっすら飴色に色づくまで炒めます。

STEP6:ひき肉を炒める

玉ねぎを鍋の端に寄せ、火加減は弱火~中火のままで、ひき肉を入れて炒めます。8割がた色が変わるまで2~3分炒めたら、玉ねぎと混ぜ合わせます。

STEP7:トマトと豆を入れる

ひき肉の色が完全に変わったら、切ったトマトと缶汁を切った豆を加え、炒め合わせます。火加減はそのままで、全体が混ぜ合わさればOKです。

STEP8:水を加える

全体が均一に混ぜ合わさったら、水300cc(豆の缶汁と合わせてもよい)を加え、火を少し強めて沸騰させます。

STEP9:調味する

沸騰したら、タコシーズニング、ケチャップ、ソースを加えて混ぜ合わせ、弱火で30分程度煮ます。

辛さが苦手な方は、シーズニングミックスを味見をしながら少量ずつ加え、足りない味はケチャップ・ソース・塩コショウで補ってください。

STEP10:完成!

すくうとぽってりと落ちるくらい汁が煮詰まったらできあがりです。

翌日以降も、味がしみてより美味しくいただけます。

さいごに

パンやタコスに合うことはもちろんですが、カレー感覚でごはんにも合います。ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。