\ フォローしてね /

ハネムーン旅行に!ドバイ・ラッフルズドバイホテルでの過ごし方

著者がドバイを訪れたのは2013年3月。ドバイには5日間の滞在でした。初めてのドバイ旅行。暑さが酷くあまり外に出られないかもしれないという思い込みもあったので、滞在ホテルは交通の便がよくホテル内のサービスも充実しているところを選びました。

旅行詳細

  • 旅行日程:2013年3月
  • 宿泊先:ラッフルズドバイホテル
  • 旅行目的:ハネムーン
  • 誰と行ったか:著者と主人の2人
  • どんな部屋か:シグネチャールーム。1ルームですが、キングサイズのベッドでも広々としたお部屋です。バスルームにはバスタブとシャワーブースが別にありました。

ラッフルズドバイの魅力

ラッフルズドバイは5つ星のラグジュアリーホテルです。著者がなぜこのホテルに決めたか、滞在経験を元にお話したいと思います。

交通の便がたいへん良い

ドバイ空港からタクシーで約15分程の距離にあり、ドバイメトロの駅も徒歩5分くらいで行けます。タクシーはフロントかドアマンにお願いすればすぐやって来ます。(目の前の道路で待機しています)

レクサス等の少し料金が高いタクシーもホテル前に待機してあるので、ちょっと贅沢に移動したい方はこちらを利用するのも良いですね。

Wafiモールが隣接

ホテルのフロント脇の通路から隣接する『Wafi(ワフィ)モール』に行けます。これは大変便利でした。少しお腹がすいたり、時間が余った時など、「ちょっと行ってみよう」と暇つぶしできます。曜日によりますが、夜は23時頃まで開いていました。

著者は最終日にお土産が足りないことに気付き、夜に慌てて買い物に行きました。

部屋が広い

一部屋一部屋とても広いつくりのお部屋になっているそうです。著者が宿泊したお部屋もとても広く、ベランダにもソファーが用意してあり、そこで夜景を見ながら飲むシャンパンはまた格別でした!

よかったところ・イマイチだったところ

朝食ブッフェ

朝食は色々な国のお料理が楽しめるブッフェスタイル。会場のレストランは白で統一され、シェフやウエイターの方たちが気軽に声をかけてくれます。レストラン内で食事するのも良いですが、テラスもあるので、手入れが行き届いたお庭を眺めながらとる朝食もとても素敵ですよ。

とても静かで過ごしやすい

ホテル内はとても静かです。フロントはチェックインの時間は少し賑やかになりますが、アフタヌーンティーを頂く時間はロビーの豪華なインテリアを眺めながらゆっくりと過ごせます。

イマイチだったところ

外国のホテルに滞在するとよくありがちな事ですが、部屋のお掃除を頼んだあとにバスタオルが足りない、バスローブも1人分しかなかった・・・という事がありました。でもフロントに言うとすぐに持ってきてくれました。

ホテルの手配

著者は旅行代理店にお願いし、交通の便やホテル内のレストランの数などを教えてもらい、予約を取りました。

著者の場合、日本から出発しドバイ着が朝4時過ぎでした。著者のようにチェックインの時間まで時間をつぶす自信がない方は、予約の際にすぐにお部屋に入れるアーリーチェックインをおすすめします。

かかった費用

移動時間を含めて6日間のドバイ旅行でしたが、旅行代金はひとり約25万円でした。(航空券+宿泊費)

朝はホテルで済ませたいと思っている方は、朝食が付いているかも要確認です。

おわりに

ドバイは全くと言っていいほど日本語は通じず、みなさん英語です。でも英会話に自信がなくてもご心配はありません。ドバイの人たちはほんとうに親切です。

こちらが片言の英語で話しても、それを理解しようとじっくり話を聞いてくれます。著者が出会ったタクシーの運転手さんたちも、観光名所をたくさん教えてくれました。

年々人気がでてきたドバイ。ショッピングも海もアクティビティを楽しみたい方、すこしセレブに気分になりたい方、ドバイはとってもオススメです!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。