\ フォローしてね /

料理の飾りに最適!扇面きゅうりの切り方

料理の飾りに使用される、扇面きゅうりの方法をご紹介します。

用意するもの

  • 包丁
  • まな板
  • きゅうり

扇面きゅうりのやり方

STEP1:きゅうりの下ごしらえ

きゅうりは塩をまぶして、2時間ほど置いた、いわゆる浅漬けを使用します。それをまず縦に半分に切った後、5cmくらいの長さに切ります。

塩で柔らかくしないと細工が出来ません。

STEP2:切り込み

きゅうりに3cmほどの長さの切込みを、7本ほど入れます。そのうち太く切れたものから順に取り除き、5本に分かれたきゅうりが、ピラピラしている状態にします。

こうやって感覚に余裕を作ると、次の丸める工程がやりやすいです。

STEP3:丸める

伸びたきゅうり、丸まったきゅうり、伸びたきゅうり、の順になるように指で丸めて完成です。

おわりに

いかがでしたか?おせちや刺身の盛り合わせにピッタリの飾りです。また、きゅうりの浅漬けなので、普通に食べられるところも魅力です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。