1. 雑学
    2. 「無常観」を理解しよう!『平家物語』読解のポイント

    「無常観」を理解しよう!『平家物語』読解のポイント

    「祇園精舎の鐘の声」で始まる『平家物語』は、数々の名場面に彩られた軍記物語の傑作で、中学の教科書にもしばしば取り上げられます。

    ここでは軍記物語や『平家物語』の特色とともに「敦盛の最期」の一部にふれつつ、読解のポイントを紹介致します。

    軍記物語について

    軍記物語は、武士の合戦を中心とした物語です。平将門の乱(935)を題材とした平安時代中期の『将門記』をはじめとして、鎌倉時代の『保元物語』『平治物語』『平家物語』、室町時代の『太平記』などが挙げられます。

    軍記物語が盛んに作られるようになったのは、武士が台頭し、支配階級になっていったことの反映だと言えるでしょう。

    『平家物語』について

    作者

    作者は、兼好法師の『徒然草』には信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)だと書かれていますが、実際は誰だかよく分かっていません。成立時期も、鎌倉時代のいつ頃かは不明です。

    内容

    『平家物語』は、軍記物語中の最高傑作で、日本文学の代表的な作品です。平家の繁栄から源氏との合戦、滅亡までが和漢混交文(わかんこんこうぶん)という文体情緒豊かに描かれています。

    平家のはかない運命を描いた作品の根底には仏教の無常観が横たわっています。当時盲目の法師が民衆に向かって琵琶を弾きながら、『平家物語』を語りました。この演奏様式を平曲といいます。

    「無常観」とは、仏教の根本思想です。この世に永久不変のものはなく、全ては移り変わるという考え方です。『平家物語』中では「諸行無常、盛者必衰」と表現されています。

    文体

    「和漢混交文」とは、和文と漢文の訓読文の両方の要素から成る文体のことです。和文の情緒性と漢文の簡潔さをあわせもち、鎌倉時代以降、広く用いられるようになりました。

    読解のポイント

    「平家物語」は合戦が中心に描かれていますが、戦法や勝敗のみに目を奪われるのではなく、戦場での1人1人の心の動きや振る舞いに注目しましょう。

    そしてその描写を通して作者が登場人物をどう評価しているかを考えてみてください。また、作品全体を支配すると言われる「無常観」がどのように表現されているかも読み取りましょう。

    例文

    源平合戦の一場面です。一の谷(現在の神戸市)の戦いで、源氏の侍、熊谷直実は平氏の武将(平敦盛)を組み伏せて、討ち取ろうとしますが、自分の息子ぐらいの若さで、しかも美しいので、大いにためらいます。

     熊谷(くまがへ)涙をおさへて申しけるは、

    「助けまゐらせんとは存じ候(さうら)へども、味方の軍兵(ぐんぴやう)雲霞(うんか)のごとく候ふ。よも逃れさせたまはじ。人手にかけまゐらせんより、同じくは、直実(なほざね)が手にかけまゐらせて、のちの御孝養(おんけうやう)をこそつかまつり候はめ」

    と申しければ、
    「ただ、とくとく首を取れ」
    とぞのたまひける。

    熊谷あまりにいとほしくて、いづくに刀を立つべしともおぼえず、目もくれ心も消え果てて、前後不覚におぼえけれども、さてしもあるべきことならねば、泣く泣く首をぞかいてんげる。

    • 助けまゐらせん→まゐらす:謙譲の補助動詞。お~申し上げる。
    • 存じ候へども→候ふ:丁寧の補助動詞。~ます。~ございます。
    • 雲霞:非常に数が多いことのたとえ。
    • たまはじ→たまふ:尊敬の補助動詞。お~になる。「じ」は打ち消し推量の助動詞。
    • 人手:他人。
    • 御孝養:ご供養。
    • ~をこそつかまつり候は:「こそ~め」で係り結び。「め」は意志の助動詞「む」の已然形。
    • つかまつり候はめ→つかまつる:謙譲の動詞。いたす。
    • 申しけれ:「已然形(けれ)+ば」で確定条件。申し上げると。
    • ~とのたまひける:「ぞ~ける」で係り結び。「ける」は過去の助動詞「けり」の連体形。
    • のたまひける→のたまふ:「言ふ」の尊敬語。おっしゃる。
    • 前後不覚:正しい判断ができない状態。
    • かいてんげる:「かきてける」を強調した表現。切ってしまった。
    中学では余り細かいことは取り上げないでしょう。ここの注も、無理なく理解できる範囲で吸収してください。ただ、係り結びは必修でしょう。
    こちらの「已然形+ば」と「係り結び」も参照しましょう。

    解釈例

    熊谷は涙をおさえてこう申し上げた。

    「お助け申し上げようとは存じますが、味方の軍勢は雲霞のように大勢です。まずお逃げになることはできないでしょう。他人の手におかけ申し上げるより、同じことならこの直実の手におかけ申し上げて、のちのご供養をいたしましょう」

    そう申し上げると、
    「ただ早く早く首を取れ」
    とおっしゃった。

    熊谷は余りにも気の毒で、どこに刀を刺せばいいのかも分からず、目もくらみ心も乱れ、放心していたが、そうしてばかりいることもできないので、泣く泣く首を切ってしまったのだった。

    解説

    『平家物語』屈指の涙を誘う場面です。現代人が共感できるということは、昔も今も人の心に変わらぬところがあるからでしょう。

    直実は単なる野蛮な侍ではなく、情のある人物として描かれていますし、敦盛はさすがに武将らしく、潔い態度を保ち、それが悲壮な雰囲気をより高めています。このように作品の特徴の1つは、情感の豊かなことです。

    なお、熊谷は敦盛の父親のような年齢ですが、敬語を使って話しています。これは敦盛の方が明らかに身分が上だと分かっているからです。

    アドバイス

    『平家物語』やその背景については、歴史の教科書にも出てきます。関係のあるものが出てきたら、以前に勉強したものを確認すると、効率よく覚えられます。一度試してみてください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ