\ フォローしてね /

一汁三菜の配膳方法

定食の基本である一汁三菜の配膳方法をご紹介します。

今回使用したメニュー

  • ごはん
  • ねぎと油揚げの味噌汁
  • 紅白なます
  • イカと春菊の炊き合わせ
  • 出し巻き卵

具体的に配置する場所

STEP1:ご飯を左手前に置く

まず、ごはんは手前の左側に置きましょう。茶碗を持つ機会が一番多いので、持ちやすい場所に置きます。

STEP2:味噌汁を右手前に置く

次に手前の右側に味噌汁を置きます。汁物は食事の最初に口をつけるものです。奥にあると、とる時にこぼれやすいです。

STEP3:箸休め料理は左奥に置く

おかずは奥に置きます。なますや漬物などの箸休めは、左の一番外側にさりげなく置きます。量が少なく、箸をむける機会も少ないので、端のほうでよいのです。

STEP4:1番目に中心となるのおかずを奥の真ん中に置く

奥の中央にはおかずのなかでももっとも豪華な料理を置きます。主役ですので、見栄えがする場所に置くのです。

STEP5:2番目に中心となるおかずを右奥に置く

奥の右には、準主役級のおかずを置きます。主役の隣にあると、主役が引き立ちますし、準主役も主役とはまた違った魅力の対比が生まれて、美しいと思います。

特に心がける点

それは機能性と見た目のバランスです。ご飯が奥にあっては取りにくいですし、箸休めが中央にあってはなんだか荷が重い印象を受けます。

おわりに

いかがでしたか?これが和食の配膳の基本なので覚えておくと便利です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。