1. 料理
    2. 葛きりが決め手!波に乗ったカツオ葛きり土佐作りの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    葛きりが決め手!波に乗ったカツオ葛きり土佐作りの作り方

    土曜のお昼、ゴツイおかずが欲しくなったので、カツオを食べることにしました。わらがなくても大丈夫です。著者流の「波に乗ったカツオ葛きり土佐造り」をご紹介します。

    材料(4人分)

    • 生カツオ…2柵(500g)
    • 葛きり…60g
    • 玉ねぎ…中1個
    • シソの葉(大葉)…8枚
    • 醤油…50cc
    • 酢…50cc
    • みりん…大さじ1
    • お酒…大さじ3
    • 塩…少々
    • サラダオイル…大さじ2

    作り方(調理時間:40分 冷却時間:30分)

    STEP1:葛きりを煮る

    乾燥葛きりを沸騰した鍋で、中火で3分煮て戻します。

    沸騰した状態で戻してゆきます。

    STEP2:葛きりを水で冷やす

    ザルに葛きりをあげて水をかけます。全体が冷えたら軽く水を切ります。

    STEP3:皿に盛る

    お皿に葛きりを平らに盛ります。

    STEP4:玉ねぎを切る

    玉ねぎを輪切りにした後、乱切りにします。

    STEP5:玉ねぎを水にさらす

    玉ねぎをボウルに移して水を張り、10分間さらします。

    STEP6:シソの葉(大葉)を千切りにする

    シソの葉を2.5cm×8mmの千切りにします。

    STEP7:たれ作り(醤油)

    ボウルに醤油を入れます。

    STEP8:たれ作り(酢)

    酢を上から入れます。

    STEP9:たれ作り(みりん)

    みりんを加えます。この段階でほぼ完成ですが、あとでおいしいエキスを入れます。

    STEP10:カツオの下ごしらえ

    ボウルにカツオを入れて、塩少々とお酒大さじ3を振って、5分間寝かせます。

    STEP11:フライパンを熱する

    フライパンを中火で3分熱します。

    STEP12:カツオを焼く

    カツオは大体、1柵につき3面を焼けます。既に相当の表面温度になっています。1面30秒ずつ焼いてください。

    上の写真は第3面を焼いているところです。ほぼ焼き上がりです。

    STEP13:カツオを冷却する

    ボウルに水を張り氷を入れて、上から焼けたてのカツオを入れて、急速に冷やします。冷却時間は5分です。

    STEP14:たれにカツオ焼き汁を入れて混ぜ、コクを出す

    余ったカツオ焼き汁をたれに加えて、たれのコクを出します。カツオのエキスと酒の香りが付いています。

    STEP15:カツオの水を拭く

    カツオをボウルから取り出し、キッチンペーパーで拭きます。

    STEP16:カツオを切る

    カツオは1cm幅に均等に切ります。

    包丁を研いでいないと、身が崩れてしまいます。

    STEP17:たまねぎを水きりする

    水にさらしていた玉ねぎをボウルにあけて水を切ります。

    STEP18:盛り付け

    お皿の葛きりの上から玉ねぎ、カツオ、大葉を盛り、葛きりはそのままで、上の部分をごそごそと揉みながら混ぜます。

    STEP19:たれをかけて完成

    上からSTEP14のたれをかけて完成です。ラップをかけて、冷蔵庫で30分程冷やしてください。

    さいごに

    本日は土曜日です。冷えたビールをいただきながら、おいしく頂戴しました。

    冷やしている間に葛きりがたれを吸い取って、飴色に輝いています。たれを吸った葛きりと、カツオを小皿にとり、ニンニクおろしと醤油で食べました。皆さんもどうぞ召し上がってください!

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人