\ フォローしてね /

水炊きから八宝菜風あんかけで中華丼の作り方

水炊きのシメに、中華だしとうずらの卵を加えて、とろとろの八宝菜を作ります。ご飯にかけて中華丼にして、ガッツリ食べるレシピのご紹介です。

あっさり味のお鍋に物足りないときに、オススメのシメ方ですよ。

材料(3~4人分)

  • 水炊きの残り(スープのみ):約400cc
  • うずらの卵(水煮か、ゆで殻むき):10個くらい
  • 中華だし:小さじ2
  • しょうゆ:小さじ2
  • 水溶き片栗粉:水大さじ3・片栗粉大さじ2
  • ご飯:適量

作り方(調理時間:5分)

STEP1:具の大きさの調整

残りの具で大きいものは、取り出して小さくします。豆腐はお玉などで崩し、しいたけや白菜は食べやすい大きさにスライスします。

STEP2:鍋を沸騰させる

鍋を中火にかけ、うずらの卵・中華だし・しょうゆを入れます。ひと混ぜして沸騰させます。

味付けは水炊きのスープの状態にもよるので、しょうゆの量で調節してください。ここでは、昆布だしとひとつまみの塩で作ったスープを使用しています。

STEP3:片栗粉でとろみをつける

弱火にし水溶き片栗粉を回し入れて、手早くかき混ぜ、スープにとろみをつけます。

一度で全部入れず、半分くらい入れて調整しつつ、とろみ具合を見ます。材料記載のスープと水溶き片栗粉の割合を参考にしてください。

STEP4:出来上がり!

とろみをつけてひと煮立ちしたら出来上がりです。ごはんにかけて召し上がってください。

さいごに

鍋のシメはおいしいですが、量が少ないのが難点でした。ごはんにかけて食べられるあんかけなら、おなかも満腹です!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。