\ フォローしてね /

志望動機を組み立てよう!例文でみるNGワードと正しい書き方

転職や就職で、応募書類に志望動機を記入する機会がある思いますが、志望動機には不採用になる典型パターンというものがあります。あなたが志望動機として述べている言葉は、実はNGワードかもしれませんよ!

そこで今回は、例文でみる志望動機のNGワードと正しい書き方をご紹介します。

本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

5つのNGワードと正しい書き方

1.「御社の経営理念に共感しました」

企業研究をして事業内容、仕事内容を具体的にわかった上で、それらを絡めて志望理由を組み立てないと、イメージだけで応募してきたのではないかと思われてしまいます。

どういった経営理念に基づき事業内容を行っているのかをしっかりと理解した上で、どこに、どう共感したのかをはっきり明確にさせましょう。

2.「将来性にひかれました」

企業側にとっての採用メリットが全く感じられない上、自分本位な印象を与えてしまいます。自分がどう企業に貢献できるのかを述べ、自分を採用することによって、どんなメリットが企業側にあるかを伝えましょう。

3.「前職の経験が生かせると思いました」

応募者のほとんどが、何らかの形で前職の経験が生かせると思って志望しているので、こちらを志望理由を伝えても他の応募者と差がつきません。

前職の経験を応募している仕事に「どう生かせる」のかを具体的に伝えましょう。

4.「御社の事業内容に興味を感じました」

応募しているからには、興味を持っているのは当たり前のことです。

説得力に欠けた志望理由になってしまいますので、事業内容で興味のある分野などを具体的に伝えましょう。

5.「御社であれば、いろいろ学び、成長できると思いました」

企業は学校ではありません。教育や研修を期待する甘い考えを持っているように感じられてしまいます。

これから学んでいこう、ではなく志望した企業に採用されるためにどんな勉強をしたかをアピールする事が大切です。

内定を勝ち取る志望理由の書き方

「典型的なNG志望理由」に共通しているのは、志望企業とのリアルな接点がないために説得力に乏しいということです。志望理由に説得力を持たせるためには、ヘッドワーク型フットワーク型の企業研究が欠かせません。

「ヘッドワーク型企業研究」とは

ヘッドワーク型企業研究とは、志望企業の経営理念、事業内容、経営計画、資本金、売上高、現在の主力商品、過去のヒット商品、株価などをインターネットや新聞を活用して調べる、頭を使って行う企業研究です。

「フットワーク型企業研究」とは

フットワーク型企業研究とは、志望企業の商品・サービスを利用したり、パンフレットやチラシを収集したり、店舗見学をするなどして同業他社との比較をする、実際に体験することで情報収集するスタイルの企業研究です。

2つを組み合わせた志望理由を

この2つを行うことで、志望理由を明確にすることができ、説得力が増して他の応募者と大きく差別化できます。ヘッドワークとフットワークを駆使して、説得力のある志望理由を組み立ててください。

おわりに

転職活動をしている方は是非、参考にしていただければと思います。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。