1. 料理
    2. 食べ応え十分!ホタテのチャウダーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    食べ応え十分!ホタテのチャウダーの作り方

    ベビーホタテをあさりの替わりに使って、食べ応えあるチャウダーに仕上げます。

    殻取りの手間も省けますし、あさりのジャリっとした砂の感じが苦手な方にオススメです。

    材料(4人分)

    • ベビーホタテ...100gくらい
    • 玉ねぎ...中玉1/2個
    • じゃがいも...中玉1個
    • コーン...30g
    • 牛乳...200cc
    • 水...400cc
    • バター...20g
    • 白ワイン...大さじ1
    • 鶏ガラ...小さじ2
    • 塩・コショウ...少々

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:玉ねぎ・じゃがいもを切る

    玉ねぎとじゃがいもを1cmくらいの角切りにします。

    STEP2:ベビーホタテを炒めて取り出す

    鍋を中火で熱してバター10gを回し入れます。

    ベビーホタテを入れてバターを絡めたら、白ワインを加えて中火で30秒くらい火にかけて、アルコールを飛ばします。

    火を止め塩コショウを少々ふり、汁ごと取り出しておきます。

    STEP3:野菜を炒めて煮込む

    再び鍋を中火で熱し残りのバターを入れます。

    玉ねぎ・じゃがいもを入れて、中火で約3分玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

    次に水・コーン・鶏ガラを加えて、弱火で約10分煮込んでください。

    ときどきアクをとります。

    STEP4:仕上げ

    じゃがいもが崩れかけるほど柔らかくなったら、牛乳と取り出しておいたベビーホタテを加えます。

    弱火でひと煮立ちさせ、塩コショウで味を調えます。

    牛乳を加えたらあまり沸騰させないようにします。

    STEP5:出来上がり!

    器によそい、お好みでパセリやバジルをかけたら完成です。

    さいごに

    ここでは、蒸したベビーホタテを使用しましたが、活ホタテのほうがより風味とスープに深みが出ます。大きいものは4等分くらいにすると食べやすいと思います。

    ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人