\ フォローしてね /

キャスト経験者が教える!雨でもTDRをもっと楽しむ方法

待ちに待ったディズニーランドやディズニーシー!それなのに雨なんて…。

いいえ、がっかりしないで!ここでは、雨のパークをもっと楽しめる、ちょっとしたコツをご紹介します。

筆者のTDR歴

筆者のTDR歴は、10年程です。

年間パスポートを持ち、TDR内でアルバイトをしながら、仕事帰りにインパーク、シンデレラ城を眺めながらコーヒーを1杯飲んで帰ったりした事もありました。ディズニーシーでのキャスト経験もあります。

雨のTDRを楽しむコツ

雨の日の特別なパレード・ショーを観よう

雨だから、ショーもパレードも全部キャンセル!という訳ではありません。雨の日しか観る事が出来ないパレードがあります。

ディズニーランドでは、短めのフロートに乗って、レインコートを着たキャラクター達がご挨拶に来てくれます。ディズニーシーでは、通常のショーが雨バージョンで行われる事もあります。

ショーやパレードはその日の雨の状況によって中止の場合もあります。開催時間近くになったら、パレードルートにいるキャストに確認をして下さい。

パーク内でしか買えない傘やポンチョで雨を満喫しよう

パーク内ではオリジナルのレイングッズも販売しています。ミッキーがプリントされた傘は1000円、可愛いポンチョは大人用で約2800円です。また、小雨の場合は、2600円のフード付きタオルも、色々なキャラクターがあるのでお勧めです。

これらは、使った後もお土産になるので、買っても後悔はしないでしょう。

ポンチョ以外にも、半透明の一般的なレインコートが500円で販売されています。子供用〜大人Lサイズまであります。フード付きタオルは、冬は販売していない場合もあります。

隠れミッキーを探してみよう

パーク内には、至る所に隠れミッキーがいます。みつまるのミッキーフェイスからしっかりと顔の描かれたもの、ミッキーならぬドナルド、グーフィー、更にピノキオまで!

雨の日だからこそ、人の少ないパークでじっくりと探してみるのも面白いかもしれません。

隠れミッキーを探すコツは「キャストにヒントを聞く」事です。1つのお店に3つも4つも隠れている事もあるので、気軽に声をかけてみて下さい。

雨のパークを快適に過ごすための注意点とアドバイス

レインコートは1サイズ以上大きめのものを

リュックやバックが濡れない様に、荷物の上からレインコートを着る場合、いつもと同じサイズだとボタンが閉まりません。

パークで購入する雨具は、開封後の不良品以外の交換が不可能です。サンプルを着て、必ず着心地を確認してからの購入をお勧めします。

傘とレインコートの併用がお勧め

屋根のある、室内系アトラクションに乗る場合は、レインコートを必ず脱いでから入ります。アトラクション入り口でレインコートを脱いで、出口で着て、またすぐ隣のアトラクションの入り口で脱いで…時間も掛かるし、イライラしますよね。

ですので、アトラクションに連続して乗る場合は傘を、ショーやパレード、屋外アトラクションの時はレインコートという様に、使い分けるのがお勧めです。

靴は防水のものやレインブーツなどを履いて行こう

オシャレな靴を履きたいのはやまやまですが、パーク内では長靴は子供用のみ、その他はスニーカーの販売しかありません。共にTDRオリジナルで、スニーカーは、男女兼用・3000円程度です。

また、状況によってサイズが無い場合もあります。あらかじめレインブーツなどを履いて行けば、靴がぐしょぐしょなのに替えが無い!なんて事になりません。

最近は、オシャレなレインブーツも沢山ありますので、是非、しっかりと足下の防水対策をして来る事をお勧めします。

夏期はサンダルの販売もあります。

食事は大幅に時間をずらして

雨の時に1番困るのが、食事をしたいのに座る場所が無い!という事です。

食べ歩き用の軽食のお店の周りには、ベンチスペースがありますが、雨では座れません。かといって室内レストランは、御飯時になるといつも以上の長蛇の列!

そんなイライラを回避する為には、レストランのオープンと同時に、お昼ご飯を食べたり、早い時間に夜ご飯を食べる事をお勧めします。

大幅にずらしたら、少しの待ち時間ですぐに入れて、自分たちがお店の外に出た頃にはレストランの入り口には長い列が…なんて事もあります。

時間に余裕がある方は、少し足を伸ばしてイクスピアリでのお食事もお勧めです。少し並ぶかもしれませんが、パーク内程の混雑はありません。

おわりに

筆者は、雨の日のTDRも大好きです。いつもと違う雰囲気のパークを、傘をさしながらのんびりと歩いてみて下さい。きっと晴れているパークとは違った、素敵な出会いや発見がある筈です。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。