\ フォローしてね /

隙間にぴったり!段ボールで作る、ゴミ袋の見えないゴミ箱の作り方

部屋の中でぽつんと浮きがちなゴミ箱。家具と家具との隙間に収納してしまえるちょうどいいサイズのゴミ箱があればいいのに…と、思ったことはありませんか?段ボールを使って作る、隙間にピッタリサイズで作れるゴミ箱の作り方をご紹介します。

用意するもの

  • 段ボール
  • カッター
  • 定規など(まっすぐ切るためのガイドにできるもの)

隙間にピッタリ!段ボールゴミ箱の作り方

STEP1:適度な大きさの段ボールを用意する

置きたい場所に合う大きさの段ボールを調達します。2重にして使用するので必要な大きさの2倍、もしくは2個用意します。

2重にすることでゴミ袋の口が隠れるデザインになります。見た目も良くなり、ゴミ袋がずれにくくなりますよ。

筆者の場合は購入した家具が入っていた段ボールが、ちょうどいいサイズだったので、それを利用しました。スーパーやドラッグストアでは不要な段ボールを提供してもらえることもあるので、上手に利用して手頃なサイズを見つけてくださいね。

STEP2:必要な高さに切る

必要な高さに切ります。2重にするうちの内側の段ボールはよく使うゴミ袋の大きさを考慮した高さになるように、外側になる段ボールはそれより10cmほど高くなるように切っていきます。

STEP3:筒状にし、切り開く

筒状になるように、そこは切り取り、外側になる段ボールは側面の真ん中にカッターをいれ、切り開きます。このように切り開けるようにしておけば、ゴミの取り出しが簡単になります。

STEP4 : 袋を取り付け隙間にセット

段ボールを重ねて、その内側の段ボールにゴミ袋を入れて、折り返し部分を隙間に入れて完成です。

段ボールを使うメリット

最初のちょうどいいサイズの段ボールの調達さえ頑張ればあとは簡単に隙間にぴったりなゴミ箱が完成します。素材が段ボールなので、ちょっとしたサイズの違いは加工で調節できるのも便利ですね。

注意点

素材が段ボールなので、火のそばには設置しないでください。また、段ボールは匂いを吸収しやすいので定期的に作り変えるなどしましょう。

おわりに

いかがでしたか?作り方はとても簡単なので、皆さんも是非お試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。