\ フォローしてね /

見かけより履き心地のいいものを!登山靴の選び方

登山靴は山登りをするにあたって三種の神器と言われ、ザックと雨具に並ぶ重要なものの1つです。その上で慎重に選びたいものです。

こちらの記事では、その登山靴の選び方について紹介します。

登山靴の種類と特徴

登山靴には、「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」の3種類があります。

  • ローカット…整備された道路、ハイキングやキャンプ、アウトドア
  • ミドルカット…軽登山、里山、低山
  • ハイカット…本格的な登山で岩場やがれ場が多く歩行時間も長い、凸凹道、冬の山など

筆者はハイキングも低登山も、ハイカットの靴で歩いたり登ったりしています。

また、登山靴は不安定な足場から足を守るためにできているので、比較的靴底が固くできています。硬さは靴によって違いますが、比較的やわらかいのもあります。

やわらかいのは軽登山、靴底が固いのは本格的は登山向きです。

登山靴を選ぶときのポイント

選ぶときはどんな山を登るかで決められますが、「足の保護性能が高いこと」「防水性に優れていること」「靴底が深く滑りにくいこと」などのポイントで選んでいます。皮が一番という方もいますが、値段が高めで重たいです。

購入するときは登山に履いていく靴下を持参してなるべく厚みのある靴下でそれを履いて出来れば足が浮腫んでいる夕方がおすすめです。足の踵の部分が指一本はいるくらいのゆとりがあるものを選び、店では階段とか少し歩きまわってみた方がいいです。

キッチリよりはゆとりがあるほうが歩きやすいです。また、お店には防水性の高い靴を出してもらうようにしてください。

靴下に関しては、持参しなくても色々な厚みのものが店に置いてある場合が多いです。

おすすめ登山靴

筆者はハイカットを初めに1足買いました。買った登山靴は国内ブランドのゴアテックスキャラバントレッキングシューズです。

  • 重量:約575グラム(26.0センチ片足標準)
  • ワイズ:3E
  • 素材:アッパー:ナイロン・合成皮革・トーガード/TPU補強
  • ライニング:ゴアテックスメンブレン
  • ソール:キャラバントレックソール(ミッドソール:EVA)
  • オプションパーツ:ハーフインソール

日本人向きのブランドで日本人の足型は甲高、幅広という特徴を持っているケースが多く、海外製品だとうまくフイットせず、足を痛めてしなうケースが多いのです。

ソールが(底)が柔軟で柔らかく足首の固定性能が高く足の負担を軽減、歩きやすさを衝撃から両立しています。

最初は硬くて重たい感じがしましたが使っているうちに慣れてきてハイカットが足を包み込んでいる感じで安心感がありました。

予算が許すならひと通り揃えていてもいいと思いますが、どんな山に比較的多く登るかで決めましょう。

使用した感想

登山では谷を登ったり、石や岩がゴロゴロしているがれ場が多いのですが何度か足がぐねっと捻挫しそうになりましたが、捻挫することもなく、無事に至っています。

長い時で8時間ぐらい歩きますが、足が蒸す感覚もなく、改めて登山靴の性能に感心しています。

おわりに

登山靴はデザインや色ではなく履き心地のいい靴を選びましょう。

そして買ったばかりの靴で山に登るのはやめて、近くの坂が多い道や出来たら日帰りの里山に試し履きしてから使うことをおすすめします。

こちらの記事が参考になりましたら幸いです。

(imgae by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。