1. 趣味
    2. バッグのように持ち運べる!景品のラッピングアイデア

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    バッグのように持ち運べる!景品のラッピングアイデア

    宴会等のゲームの景品は数も多く予算も限られているのでラッピングに経費をかけられませんよね。

    ここでは筆者が実践している景品のラッピングアイデアを紹介します。今回は、ゲームで勝った人から一番欲しい品物を選んでもらえるように透明な袋を使いました。

    用意するもの

    • 透明袋
    • リボン(今回は100円ショップの物を使用)
    • ホッチキス
    • はさみ

    ラッピングの方法

    STEP1:景品を透明袋に入れる

    景品を透明袋に入れます。

    STEP2:袋の口を折る

    袋の口を3cmの所で折ります。

    STEP3:もう一折する

    さらにもう一度3cmの所で折ります。

    STEP4:リボンを通す

    折り目の間にリボンを通します。

    STEP5:ホッチキス留めする

    折り目部分を3箇所ホッチキス留めします。

    リボンを一緒に留めないように気を付けましょう。

    STEP6:リボンを切る

    リボンを適当な長さで切ります。

    STEP7:リボンを結ぶ

    リボンを結べば完成です。

    大きな景品のラッピング方法

    STEP1:景品を入れた袋の口をリボンで結ぶ

    景品を入れた袋の口をリボンで結びます。

    STEP2:結び口に別リボンをひと回しする

    結び口に別リボンをひと回しします。

    STEP3:リボンを切る

    適当な長さでリボンを切ります。

    STEP4:後ろ側でリボンを結ぶ

    後ろ側でリボンを結びます。

    STEP5:リボンの先端を結ぶ

    リボンの先端を結べば完成です。

    持ち運ぶのに便利になりました。

    キレイに仕上げるポイント

    透明袋はある程度、堅さがあるものを使用するときれいなバックの形になります。

    また、ハートの折り紙など、ちょっとした小物を袋に付けてあげるだけで、お金がかからず可愛くなりますよ。

    おわりに

    このラッピング方法のメリットは

    • ほしい品物が選べるので、後々不用品とならない
    • そのまま持ち帰って壁に掛ければインテリアに
    • 中身が見えるので会場で開封せず包装ゴミがでにくい
    • 小さめのバックしか持ってきていない人でも持ち運びに困らない

    皆さんが喜んでいただけるようにラッピングに一工夫してはいかがでしょうか。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人