\ フォローしてね /

臭みや脂分を取り除く!牛ホルモンの下ごしらえの方法

鍋や炒め物に使える、牛ホルモンの下ごしらえのやり方をご紹介します。下ごしらえをすることで、ホルモンの臭みや脂分を取り除くことができます。

用意するもの

  • 牛ホルモン:200グラム
  • 塩:小さじ1
  • 生姜:ひとかけ
  • ホルモンを茹でる水:適量

牛ホルモンの下ごしらえのやり方

STEP1:塩もみする

ホルモンに塩をふりかけて、全体をよくもみこみます。

STEP2:水で洗い流す

塩もみしたホルモンは、流水でぬめりがなくなるまで洗います。

塩もみをすることで、ホルモンのぬめりがとれて濁りがなくなります。この段階で臭みなどが気にならなくなれば、このまま料理に使ってOKです。

STEP3:生姜を入れてお湯を沸かす

薄切りにした生姜と水を入れて、沸騰するまで沸かします。

STEP4:ホルモンを茹でる

お湯が沸騰したらホルモンを入れて、あくや脂が浮いてくるまで3分以上茹でます。

STEP5:ざるにこぼす

茹でたホルモンをざるにこぼします。

この段階でもまだ臭みが気になる場合は、「STEP4」と「STEP5」を2~3度繰り返してください。

STEP6:生姜を取り除いて完了

生姜を取り除いたら、下ごしらえの完了です。臭みや脂っぽさがなくなり、もつ鍋や炒め物におすすめです。

さいごに

臭みがあまり気にならない場合は、塩もみだけでも十分です。茹でることで臭みと脂分が落ちるので、臭みだけでなく、脂分が気になる場合も茹でてみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。