1. 暮らし
    2. 綿素材の洗濯物を洗う方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    綿素材の洗濯物を洗う方法

    綿素材の服は肌触りがよく、着ていて気持ちがいいですよね。

    そこでこの記事では、いつも気持ちよく着られるような綿素材の服の洗濯の方法をご紹介いたします。

    「綿」素材を確認する方法

    素材の確認

    衣服が綿かどうかは、服の裏側に表示がついています。また、そこには素材、洗濯方法などが記されているので、必ず確認しましょう。

    洗濯方法の確認

    洗濯方法はタグの表示で確認します。

    表示は左から、

    • 「40℃限度の水温で、洗濯機での洗濯可能、ネットを使用のこと」
    • 「塩素系漂白剤による漂白はできない」
    • 「当て布をして、中温でアイロンがけ」
    • 「ドライクリーニング可能、バークロロエチレン、石油系使用可」
    • 「日陰のつり干しがよい」

    という、内容です。

    用意するもの

    • 洗濯用合成洗剤
    • 洗濯ネット
    • お好みで柔軟剤など
    今回は色の薄い綿シャツなので、洗濯機でジャブジャブ洗っても大丈夫ですが、デリケートなものや色落ちしやすいものなどは、中性洗剤を使用しての手洗いがおすすめです。

    洗濯の方法

    STEP1:軽くたたんで洗濯ネットに入れる

    シャツを軽くたたみます。

    色の濃いシャツやトレーナーなどは、裏返してからたたむと、洗濯時も干すときも色あせ防止になります。

    洗濯ネットに入れます。

    STEP2:洗濯をする

    洗濯物の量に合わせた水量と洗剤を入れて、洗濯機をまわします。

    STEP3:洗濯機から取り出す

    洗濯が終わったらすぐに取り出しします。

    そのまま干す場合は、すぐにシワを伸ばして干しましょう。

    STEP4:すぐにアイロンをかける

    シワにならないように、濡れた状態ですぐにアイロンをかけます。

    特に綿シャツの場合は、乾かしてから、霧吹きで濡らしてアイロンをかける・・・とやるよりも、濡れている状態でそのままアイロンをかけるのがおすすめです。

    STEP5:干す

    濡れているので、シワが伸びやすく、その後すぐに乾きます。

    その他の注意点

    シワになりやすいので、脱水は短めがいいです。また、色落ちもしやすいので、濃い色のものは直射日光に当てないなど、気を付けましょう。

    おわりに

    汗を吸い取ってくれて、肌触りのよい綿製品はいつでも清潔にしておいて、気持ちよく着られるようにしましょう。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人