1. 料理
    2. タラと豆腐を使ってシンプルに!ちり鍋の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    タラと豆腐を使ってシンプルに!ちり鍋の作り方

    こちらでは昆布ダシと少しの塩で真鱈と豆腐を煮込んだ、とてもシンプルなちり鍋をご紹介します。新鮮な真鱈が手に入ったら、ぜひお試しください。

    材料(2~3人分)

    • タラ…300g
    • 豆腐…400g
    • 昆布(5×13cm位)…1枚
    • 塩…小さじ1/2
    • 水…600cc

    作り方(調理時間:15分 仕込み時間:30分~)

    STEP1:下ごしらえ

    昆布は軽く拭き、キッチンバサミなどで数箇所切り込みを入れます。そして、水を張った鍋に入れて、30分~1晩置きダシをとります。

    タラは鱗をきれいに取り、ひと口大に切ります。豆腐は8等分し、食べやすい大きさにしました。

    STEP2:鍋を火にかける

    鍋を弱火にかけ、沸騰寸前で昆布を取り出します。そしてタラと豆腐を入れてください。

    STEP3:灰汁を取って出来上がり

    弱火で約5分煮込み、灰汁が出てきたらきれいに取り除きます。タラの身が白くなっていれば、火が通っています。以上で出来上がりです。

    さいごに

    できたてをすぐ器にとって食べるのが最適です。とても淡白な味なので、ポン酢をつけてお召し上がりください。

    タラちり鍋のシメには、昆布だしの効いた温かいお蕎麦をオススメします。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人