\ フォローしてね /

季節の節目を感じる有意義な「立春」の過ごし方

まだまだ寒い日が続きますが、立春は暦では春の始まりに当たります。ここでは立春のお勧めの過ごし方を紹介します。

季節の節目だからこそ…

1:今年の抱負の修正

元旦に立てた今年の抱負を見直します。「今年は◯◯するぞ!」と宣言したものの、三日坊主に終わってそのままにしているとしたら、気持ちを新たにしてまた挑戦してみましょう。目標が高過ぎたり難し過ぎていたら、少し下げてみたりやさしくしてみたりすると達成できるかもしれません。

筆者はクリスマス休暇で美味しい物を食べてのんびり過ごしたため体重が急増してしまい、新年に運動不足解消と3kg減量を目標にしてみました。なかなか思うように減量できていませんが、運動は毎日少しずつ続けられています。

2:朝日を浴びる

風水には、「立春の朝日を浴びると金運が上昇する」という考え方があります。また春は、財布が「張る」と言われ、金運にとって大切な季節です。

筆者は春分の日の朝はいつもより10分くらい早起きして身支度をしています。東の方角へ向かって目を閉じたら、大きく深呼吸を数回繰り返して30秒ほど朝日を浴びて太陽のパワーを吸収しましょう。今日も1日がんばろうという気持ちになりますよ。

3:何か新しい物を使いはじめる

季節が春になると気分がワクワクして明るくなります。さらに、何か新しい物を使い始めると、リフレッシュして気分がさらに良くなりますよ。風水でも、立春に新しい物を使い始めると運気が上昇するそうです。雑貨類、くつ、財布、下着でもOK。

筆者は新しいマグカップを使い始めました。お気に入りのカップで飲むコーヒーやお茶は格別です。

身近な「春」も感じてみよう

近くの公園を家族で訪れ、梅の咲き始めを楽しむのも良いですね。春の到来=梅のイメージです。梅の花は小さくて可愛らしくて見ていると気持ちが和みます。

おわりに

いかがでしたか。ここでは立春の過ごし方を紹介しました。ちょっとした事ですが春らしい気分を楽しめると良いですね。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。