\ フォローしてね /

目上の人には失礼?「ご承知おきください」の意味と使い方

ビジネスシーンのなかでメールやビジネス文書など、言葉を使う機会というのは大変多いかと思います。そのなかで、丁寧に、そして失礼がないようにという気遣いから逆に不自然な言葉使いになってしまい、相手の方に意図していない印象を与えてしまったという経験はありませんか?

私もかつて、上司に認識しておいて欲しい報告をメールでした際に「ご承知(しょうち)おき下さい」という表現を使い、指摘を受けた経験があります。

「承知しました」は目上の人によく使う表現ですが、逆に「ご承知おき下さい」という表現は目上の人に使う言葉としては適切ではなかったのかもしれません。

ここでは、「承知」の意味と合わせて「ご承知おき下さい」の使い方についてご説明します。

そもそも「承知」に「ご」をつけるのは正しい?

「承知」は謙譲語となるため、「ご」をつけてしまうと、謙譲の二重表現となってしまいます。

そのため、「ご承知おき下さい」は日本語として正しくない表現となるので、目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。

また「承知おき下さい」だと、「知っておいて下さい」という命令調の印象も与えてしまいます。

「ご承知おき下さい」の言い換え表現は?

では、「ご承知おき下さい」を使いたい時に、どういった表現で言い換えればいいのでしょうか。

例えば、

  • 保証期間は下記のようになりますので、ご承知おき下さい。

といった文の場合、

  • 保証期間は下記のようになりますので、何卒お願い致します。

と言い換えることが可能です。

他にも、

  • 件の企画書を提出しておきましたので、ご承知おき下さい。

といった上司への報告メールの場合、

  • 件の企画書を提出しておきましたので、お含みおきください。

と言い換えることが可能です。

「ご了承下さい」は言い換えとして合ってる?

「承知」という言葉は「知っているか否か」を主題としていますが、「了承」は「納得するか否か」を主題としています。

そのため、「ご了承下さい」では「ご承知おき下さい」の言い換えとしてニュアンスが異なってしまうので、目上の人に使う場合はちゃんと使い分けるようにしましょう。

もし「ご承知おき下さい」を使ってしまっても、はっきりと「間違っているぞ!」と指摘されることはないと思いますが、相手に違和感や不快感を与えないためにも、日本語表現に気を遣い、言い換えを心がけるようにしましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。