1. 料理
    2. フライパンでできる!はさみ揚げのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    フライパンでできる!はさみ揚げのやり方

    はさみ揚げの定番「蓮根のはさみ揚げ」を例に、フライパンでできる!はさみ揚げのやり方を説明します。

    はさみ揚げとは

    サンドイッチのように材料と材料の間にすり身や挽肉などで作ったたねを挟んでから揚げる料理です。

    たねをはさむ材料には、蓮根・大根・なすなどの野菜類が使われることが多いです。

    その他にもはんぺんにチーズをはさんだり、長いもで明太子をはさんだり、アイデア次第でいろいろなアレンジもできます。

    材料(1~2人分)

    • 蓮根:100グラム
    • 鶏挽肉:100グラム
    • 白ねぎ:5センチ
    • 酒:小さじ1
    • 生姜:小さじ1/2
    • 醤油:小さじ1
    • 塩こしょう:少々
    • 小麦粉:大さじ2

    作り方(調理時間:約20分)

    STEP1:蓮根を切る

    蓮根は皮をむき4~5ミリ幅の輪切りにします。

    蓮根のシャキッとした食感を残しつつも、火が通りやすいように4~5ミリ幅に切ります。

    STEP2:タネを作る

    鶏挽肉にみじん切りにした白ねぎと調味料(酒・生姜・醤油・塩こしょう)を入れて、粘り気が出てくるまで手でこねます。

    STEP3:タネを蓮根ではさむ

    タネを蓮根で挟みます。

    ここでも火が通りやすくなるように、蓮根に挟むたねの厚みは3~4ミリにして、欲張って挟みすぎないようにしましょう。

    STEP4:小麦粉をまぶす

    たねを挟んだ蓮根に、小麦粉をまんべんなくまぶします。

    STEP5:油を温める

    フライパンに底から2~3ミリの油を入れて温めます。

    油に箸先を入れてしゅわっと泡立つくらいの温度になったらOKです。

    STEP6:片面を焼きあげる

    油が温まったら蓮根を入れて、まずは片面を弱火~中火で4~5分、きつね色になるまで焼き揚げます。

    STEP7:裏返して焼き揚げる

    片面がきつね色になったら裏返して、もう片面も同じように弱火~中火で4~5分、きつね色になるまで焼き揚げます。

    STEP8:油を切って完成!

    キッチンペーパーの上に置いて油を切ったら完成です。

    フライパンではさみ揚げを作るときのポイント

    少ない油で揚げる為に、タネをはさむ材料は食感が残る程度に薄く切って火を通りやすくします。

    全体が油に浸からないので、弱火~中火でじっくり焼き揚げてしっかり中まで火を通します。

    さいごに

    フライパンで手軽に作れるやり方なので、お弁当のおかずとしてもおすすめです。

    ぜひお好みの材料で試してみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人