\ フォローしてね /

洗濯物を干すその前に!ひと手間でシワにならないようにする方法

綿のパンツやシャツなど、洗濯をするとどうしてもシワになってしまいますよね。アイロンをかける程でもないけれど、もうちょっとピシッと仕上がったら嬉しいな…なんていう時に、今回の方法を試してみてください。なるべくシワのない状態で干せる方法をご紹介いたします。

干す時にシワを気にするべきアイテムの見分け方

100%綿や麻などの天然植物繊維はシワになりやすいです。

干すのに必要な道具

新たに用意するものは特にありません。いつも使用している通りの物があれば構いません。

シワにならないようにする具体的な方法

STEP1:洗濯物を取り出す

洗濯機から洗濯物を取り出す際に、シワになりやすいものから取り出します。

写真は綿のパンツです。

STEP2:軽くたたむ

取り出した洗濯物のシワを伸ばします。端と端を引っ張って、生地をピンと伸ばします。

ある程度シワを伸ばしたら軽くたたみます。

STEP3:カゴに入れる

たたんだ洗濯物をカゴの一番下に入れます。

STEP4:STEP1~3を繰り返す

同じようにシワになりやすいもの、伸ばしたいものを取り出してたたみましょう。

写真の綿のシャツもシワになりやすいので、シワを伸ばしてたたみ、洗濯カゴの下に入れます。

STEP5:その他の洗濯物を上から入れる

タオル類などの、シワが気にならないものや干しやすいものを、シワを伸ばした洗濯物の上からカゴに入れます。

STEP6:干す

上の物から順に干していきます。上から入れた洗濯物が、最初にたたんだ洗濯物をプレスして、シワを伸ばしてくれます。

綿パンツもシャツもシワを伸ばす手間無く、ピンと伸びた状態で干す事ができます。

その他・シワにならないように干すときの注意点

軽くたたむ時に、シワを作ったままたたんでしまうと、プレスしたときにそのシワがそのまま残ってしまうことになります。小さなものなら大丈夫ですが、なるべく大きなシワが寄らないように気を付けましょう。

おわりに

最初のたたむ手間がちょっと大変かもと思われるかもしれませんが、干す時にはシワのない状態で干せるので楽です。ぜひお試しください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。