\ フォローしてね /

ロードレーサーで200キロのツーリングを達成する方法

ロードレーサーを購入した人ならまずは遠くまで出かけてみましょう!しかし初心者にはなかなか難しいのが片道100キロ、往復200キロのロングツーリングです。ここではそんな初心者に、200キロのロングツーリングを達成するための方法をお教えします。

私のロードレーサーはORBEA AQUAです。コンポーネントはオールソラでホイールをPro-lite Meranoに交換し、現在の車重は8.6キロほどです。

200キロ達成のために

ポイント1:まずはカロリー補給

車はガソリンを燃料としてエンジンを動かしているように、人間はカロリーを消費しながら自転車を漕いでいます。ちょっとしたツーリングなら補給などしなくても行けるでしょうが、200キロのロングツーリングではそうはいきません。

出発前の朝ごはんはいつもより多めにとり、休憩を少しずつとりながらこまめにカロリー補給をしましょう!

ポイント2:ビンディングペダルをつけてみよう!

ビンディングペダルを知っていますか?自転車のペダルとシューズをくっつける優れものです。実はこれ、ホイールを交換したり、タイヤやサドルを軽いものに変えるより一番簡単に自転車の性能を上げる方法なんです。

足とペダルをくっつけることでパワーロスが大幅に減り、今までよりも何倍も体力を温存することができます。

ポイント3:飛ばさない

これは結構大切なことで、要は「ペース配分」です。ペダルをぐいぐい踏み込んでスタミナを消費して走るよりも、自分の楽なペースを維持しながら走ることで、後半に疲れを出さないようにします。特に短距離走などで使われる速筋は回復が遅いため、途中で休憩をとっても十分に回復することはできません。

その他、自転車のドライビングテクニックに関する注意点

200キロも走るとなれば、かなりの時間自転車に乗ることになります。

長時間乗っても無理が来ないように、ギアはいつもより1、2段下げて、くるくる円を描くぺダリングをイメージしましょう。

このぺダリングを身につければ、あなたのドライビングテクはさらに上のレベルへ行けるでしょう。

おわりに

自転車は自分の力で前に進む乗り物なので、遠くまで自分の力で来たという達成感は他の乗り物とは比べ物になりません。この記事のポイントをみて、皆さんがロングツーリングを達成できるとうれしいです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。