\ フォローしてね /

特売品を上手に購入して使いこなすコツ

著者は、1週間分食材をまとめて購入し、買い物を終えてから1週間分献立を考えています。

また、買い物に行く前には必ず、冷蔵庫の中身を確認して何がどれだけ残っているのかを確認しておきます。そうすると特売の2文字があっても自制することができます。

ここでは、著者が実践している方法を紹介します。

用意するもの

  • 家の冷蔵庫にある肉・野菜・魚などの残量メモ

ワンパターンにならないようにするコツ

1:お肉は、購入後1回ごとに小分けにして保存

お肉は保存が効くので、色々なメニューに汎用性が効くもの(著者はこま切れ肉)と特売品2~3品を少し多めに購入し、こま切れ肉は1食分に小分けにして冷凍保存しておき、野菜炒め、煮物、蒸し物、汁物などに使用します。

特売品が鶏肉ならば、から揚げ、照り焼きなどのお肉メイン料理用と煮込み料理などに使うために1食分用に分けておきます。
特売品がひき肉ならば、ハンバーグ、肉団子などのお肉メインの料理用とコロッケなどに使えるように1食分用に分けておきます。

2:魚はすぐに食べるものと冷凍保存するものに分類して購入

著者の家庭では最低でも週3日魚を食べるので、極力同じ種類にならないように選びます。1週目に白身魚を購入していたら、2週目は青魚を選択するなど、特売品の中から前の週に食べていなかったものを優先的に選んで冷凍保存しておきます。

冷凍保存できない魚は基本的に1種類にし、焼き魚、ムニエル、煮魚、フライなどにして前半で食べきるようにしています。

基本的にお魚は特売品の中から選ぶので、時には見慣れない魚もありますが、その時にはお店の方に調理法を教えてもらって、レパートリーを増やしています。

3:野菜は、今すぐ食べなくてはならいもの、2~3日日持するもの、日持ちするものに分類して購入

ゴボウ、きのこ類、オクラなどあまり日持ちしない野菜は、前半にサラダ、野菜炒め、天ぷらなどにして早めに食べるようにし、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、大根、キャベツなどは比較的日持ちするので、後半にカレーライス、煮物、サラダ、スープなどの献立を組み立てます。

また、サツマイモやカボチャなどは余ったら、固めにゆでて冷凍保存しておけるので、のちにサラダ、スープ、温野菜などに使います。

きのこ類は、栄養もたっぷりなので毎日取り入れたいのですが、あまり日持ちしないので、後半部分では干しシイタケを活用しています。

用意する食材と具体的な献立例

ここでは、ある1週間の献立を紹介します。

月曜日 クリームシチュー、ツナサラダ

  • クリームシチュー:前の週に残っていたカブ、玉ねぎ、人参、乾燥シイタケ、キャベツ、冷凍保存のこま切れ
  • サラダ:冷蔵庫に残っていたキャベツ、トマト、ツナ缶

火曜日 オリーブ炒め、きんぴらゴボウ

  • オリーブ炒め:特売で購入したエリンギとモヤシ、冷蔵庫に残っていたキャベツ、玉ねぎ、冷凍のこま切れ、チーズ、たまご
  • きんぴらゴボウ:特売で購入したゴボウ、冷蔵庫に残っていた人参

水曜日 豚汁、魚焼き

  • 豚汁:火曜日に残ったゴボウ、特売で購入したキャベツとモヤシ、冷蔵庫にあった玉ねぎ、にんじん、冷凍保存の油揚げ、乾燥ワカメ、乾燥シイタケ、冷凍保存のこま切れ
  • 焼き魚:特売で購入したアジ

木曜日 煮びたし、豆腐サラダ

  • 煮びたし:特売で購入したナス、冷蔵庫にあった玉ねぎと人参、乾燥シイタケ、冷凍保存のこま切れ
  • 豆腐サラダ:特売で購入した豆腐とモヤシとキュウリ、冷蔵庫にあったトマト

金曜日 鶏のから揚げ 温野菜 ムニエル

  • 鶏のから揚げ:前の週に特売で購入し冷凍保存の胸肉、特売で購入したキャベツ
  • 温野菜:冷蔵庫に残っていたジャガイモと人参とトマト、冷凍保存のブロッコリー、乾燥シイタケ、家庭菜園でとれた小松菜、チーズ
  • ムニエル:冷凍保存の鮭

土曜日 カレーライス パスタサラダ

  • カレーライス:特売で購入したナス、冷蔵庫にあった玉ねぎと人参、乾燥シイタケ、トマト缶、冷凍保存のこま切れ
  • パスタサラダ:パスタ、特売で購入したキュウリ、冷蔵庫にあった玉ねぎと人参とトマト、家庭菜園でとれた小松菜、ゆでたまご

日曜日 天ぷら 照り焼き

  • 天ぷら:特売で購入したナス、冷蔵庫にあった玉ねぎ、人参、乾燥シイタケ、冷凍保存のカボチャとサツマイモ
  • 照り焼き:冷凍保存のブリ

おわりに

特売品は安いので、つい大量に購入してしまいがちですが、日持ちしないものに関しては食材を厳選し、日持ちするものに関しては積極的に購入するなど、日持ちする期間で判断するといいかもしれません。

また、どの特売品を購入したら良いか迷ったら、色々な料理に使いやすい食材を選んでおくと、ワンパターンな献立になりにくくなると思います。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。