\ フォローしてね /

異業種でもOK!未経験の仕事へ転職を成功させるコツ

転職をするにあたって、まったく未経験の業種に飛び込もうとしている方もいらっしゃると思います。

これまでとは大きく違った仕事になるため、「どのように面接でアピールしたらいいの?」や「どのように転職活動をすれば良いの?」と疑問に思われるかもしれません。

そんな方向けに、未経験の仕事への転職を成功させるために、面接で押さえるべき2つのポイントをご紹介します。

本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

ポイント1:業界用語は使わず、分かりやすく話す

当たり前が通用しない

異業種であったり、仕事内容が大きく違うと、採用担当者はあなたの業界について詳しくないかもしれません。

例えば、普段から当たり前のように使っている業界用語は通じませんし、仕事内容も想像がつきにくいと思われます。

相手の立場を考えて伝える

面接はもちろん、応募書類といった書面でさえ、採用担当者とのコミュニケーションです。

どんなに立派な職務経歴を持っていても、相手に伝わらなければ意味がありません。業界用語を使わず、具体的な業務内容や数字に落とし込み、相手が具体的なイメージを持てるように伝えましょう。

ポイント2:仕事面での成長をアピール

どのように成長してきたか

現在の仕事内容だけでなく、仕事で「どのように成長してきたのか」を伝えると良いでしょう。同じ会社に長く勤務されていた方ならば尚更です。

あなたの何が認められて、どのようにステップアップしたかは、非常に分かりやすいアピールポイントです。

あらゆる角度から整理してみる

成長内容が分からない方は、以下のような角度で仕事内容や経歴を整理してみましょう。

  • どんな仕事内容をしたか
  • どれくらいの期間か
  • どのような工夫や努力をしたか
  • どのような“良い結果”が出たか
これらを時系列でまとめることで、仕事面での成長をアピールすることができるでしょう。

おわりに

全く経験のない職種に就きたいと思っても、いきなり飛び込むのは難しいかもあるかもしれません。まずは希望の職種に近しい仕事で、自分の経験を生かせる職種へ転職し、次のステップで希望の職種へ転職する、というプランを立てるのも一つの方法です。

そして、一つひとつのステップで積み重ねた経験が、自信へと繋がっていくと思います。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。