1. 趣味
    2. コストパフォーマンス重視で楽しめたオアフ島旅行

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    コストパフォーマンス重視で楽しめたオアフ島旅行

    先日、できるだけ安価にハワイに旅行してきたので、その時の情報などをお知らせします。

    1つのホテルに滞在して、オアフ島の現地ツアーに参加したりウクレレ工場を見学したりしてきました。

    著者が経験したオアフ島旅行の詳細

    旅行について

    • 日程:2013年1月29日〜2月4日 (ホテルには6泊)
    • 人数:妻と2人

    宿泊先

    選定理由

    HISのWEBサイトで格安航空券とセットで販売されていて、インターネットでの口コミも比較的良かったのでここに決めました。

    ホテルの良かったところ

    山側の夜景が最高

    予約した部屋は価格が安かったこともあり山側でしたが、思いがけないサプライズがありました。

    初日の夕方にホテルに着いたら時差のせいで明るいうちに眠ってしまい、真っ暗な部屋で目が覚めたら山側の夜景が大きな窓一面に広がっていたのが圧巻でした。高層階ならではの景色でした。

    下の写真はホテルの部屋から見た夜景ですが、これはほんの一部にしか過ぎず、写真ではとても伝えきれないほどの雄大で美しい景色でした。

    部屋が広い

    行く前は広さは期待していませんでしたが、スーツケースを広げても歩きまわるのに邪魔にならない程度の、十分広い部屋でした。

    流し台、電子レンジ付き

    これも付いているとは知らずに期待していなかったのですが、とても重宝しました。(ガスレンジはありません。)

    WiFiフリースポットあり

    ロビー限定ですがWiFi接続でインターネットが無料で使えます。事前に調べて知っていたのでiPadを持って行きました。

    カウンターで1週間有効なパスワードをもらって使用します。

    海岸から歩いて10分程度

    ワイキキ海岸の西の比較的静かなビーチに近く、緑豊かな公園(フォートデルッシー・ビーチパーク)を通って歩いて海岸に行くことができます。

    この海岸で水平線に沈む夕日を見ることができました。

    従業員の対応が親切

    行きも帰りも空港からホテルまでシャトルバスを利用しましたが、帰りのシャトルバスがホテルまで来るかをフロントに確認したところ丁寧に対応して頂きました。

    ついでに予約済みの便よりも少し早めの便に変更したいと希望を話したところ親切にバス会社にその旨を電話連絡してもらえました。

    ABCストアがすぐ近く

    1ブロック離れたところにABCストアがあります。また、ホテルのすぐ隣にもお店があります。

    ホテルのイマイチだったところ

    部屋に備え付けのセーフティーボックスがありましたが、説明書通りに操作しても機能しませんでした。担当者を呼んで見てもらったところ異常だったらしく、すぐに直って使えるようになりました。

    コストパフォーマンスで十分満足なホテルだったので、悪いところはそれくらいしか覚えていません。

    旅行手配手順の詳細

    インターネットでHISのWEBサイトから、格安航空券と宿泊のセットで、旅行日数と価格重視で予約しました。

    HISからはメールにより旅行までの連絡事項(Eチケットの案内など)が届きました。

    ビザ免除のためのESTAの申請もインターネットで行いました。

    かかった費用

    • 航空券料金 57,000円
    • 現地税 5,010円
    • 航空保険料 1,000円
    • 燃油サーチャージ 33,000円
    • 国内空港使用料 2,500円
    • 取扱料金 1,050円

    一人当たりの料金合計 99,560円

    • 利用人数2名分 小計199,120円   (A)
    • ホテル代金(6泊2名分) 64,800円  (B)

    合計(2名分) 263,920円   (A + B)

    感想など

    宿泊したホテルは立地もそれほど悪くはないですがコストパフォーマンスがとてもよいホテルでした。閑散期を狙って行ったので、時期的に安くなっていたこともあると思います。

    HISで航空券とホテルのセットで購入しましたが、HISが運営している現地無料バスは、航空券と宿泊費のセット商品では利用できません。そのため、一律2.5ドルで乗れるTheBusと、JCBカードが運営している無料バスを利用しました。(TheBusは乗車時にTransfer ticketをもらっておけば、2時間以内なら追加料金なしで乗り継ぐことができるのでお勧めです。)

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ