\ フォローしてね /

ボートから狙う!タコ釣りのコツとポイント

タコはボートから簡単に釣れるターゲットです。ポイントさえ適切であればどなたにでも楽しめます。

ここでは、ボートから狙うタコ必釣法を紹介します。あなたも海の上でのんびりとタコを釣ってみませんか?

著者がやっているボート釣り

  • 船の種類:20fディーゼル艇
  • 時間帯:午前5時からの早朝から正午迄
  • 季節:5月中旬から10月まで
  • 釣行場所:大阪湾関空周辺(泉南地区)
  • ターゲット:タコ

著者が使っている道具

ロッド(釣り竿)

ジギングロッドのような固めの竿がベストです。ジギングロッドとはジギングという釣りの為の頑丈な竿の事で、太いグリップ部と短くて弾力性に優れたロッド部が特徴です。

この竿は軽くて非常にパワーがあり、20Kgを超える大型魚も釣り上げる事ができます。タコ釣りでは仕掛けが海底を引きずるような釣り方になるので、このようは硬くて短い竿が扱いやすいです。

根がかりや、タコが海底にへばりついた場合は引き剥がすためにはかなりの力が必要です。

リール

大型のスピニングリールや船用の両軸受けリールを使用しています。タコも大型になると2kg以上の重さとなるので、力のあるリールが良いでしょう。

糸は太めであればサイズは気にしなくても良いです。著者はジギングもやるので、PE-5号を使っています。

仕掛け

市販のタコテンヤを使います。タコテンヤとはタコ釣り用の疑似餌の事で、錘と針と餌をくくりつけるプレートが一体となっています。種類が色々ありますが、ボートからのタコ釣りは下写真の左と真ん中のタイプのテンヤが使いやすいです。

右のタイプの仕掛けはフックの数が多い為、船からだと根がかりしやすいです。ラインと直結で十分です。

ポイント選び

やみくもに仕掛けを投げても釣果は上がりません。

時間をかけてマイポイントを探しても良いですが、大まかなポイントを情報誌やインターネット検索して調べたり、釣具店やハーバーマスターなどに聞いてあらかじめ準備するだけでもボウズ(1匹も釣れないこと)の確率は下がります。

おおまかに決めたポイント周辺でタコを狙っている船がいる場合は、まずはその近くで釣らせてもらうと高い確率で釣れます。水深は5mから15mの比較的浅い場所が釣りやすいです。

砂地だけの場所ではなく、小石が混じる場所や、根周りを狙って仕掛けを投入します。タコは岩影や穴の中に潜んでいて、獲物を見つけると捕食するため、こういった場所がポイントとなります。

必釣ポイント

大まかに釣り場所を決めたらボートを中心に扇形に広く仕掛けを投入してポイントを探って行きます。

ボートから仕掛けを投げ入れて着底を確認します。ゆっくりとズルズルと底を這うように引いていき、時折あおってアピールします。巻取りを止めたときには大きくあおっても良いです。そしてまたズルズルと引く…というメソッドを構築して繰り返し行います。

途中で雑巾やビニール袋が引っかかったような重みが加わる感触があれば、アタリの可能性が高いです。2~3回転リールを巻いてまだ重みが残っているようであれば大きく合わせ、水面に仕掛けが出てくるまで途切れること無くラインを巻き取ります。

無事にタコが釣れた場合には無理して抜かず、タモ入れすると失敗が少ないです。

釣った後

いけすがある場合でも、みかん袋のような網に入れてから、いけすに入れるようにして下さい。いけすからすくう時に壁にへばりつかれると厄介です。

その場で締めても良いですが、できない場合は持ち帰るときにスーパーでもらうレジ袋のようなビニール製の袋に入れておくと自然に絶命するので手間がかかりません。

タコ釣りの魅力・楽しみ

ポイントさえ間違えなければ特にテクニックも必要とせず、最低限の道具で美味しいタコを狙う事ができる楽しく楽な釣りです。

楽しいボート釣りにチャレンジしてみてください。

おわりに

ライフジャケットを着用し、天候には十分注意してください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。