\ フォローしてね /

スパークリングワインの香り豊かなリンゴのコンポートの作り方

飲み切れなかった、余りのスパークリングワインを使って、おいしいリンゴのコンポートを作ってみました。ワインの香り豊かで、ヨーグルトやアイスにもトッピングできます。

材料(1個分)

  • スパークリングワイン(甘口)・・・約200cc
  • リンゴ・・・小1個
  • グラニュー糖・・・大さじ1

道具

  • 小鍋
  • 大さじ
  • 計量カップ
  • 落し蓋(クッキングペーパー・アルミホイルで代用可)

作り方(調理時間:20分 冷やし時間:60分~)

STEP1:リンゴをスライスする

リンゴの皮をむき芯をとって、16等分にスライスします。

STEP2:小鍋に材料を入れる

小鍋にリンゴ・スパークリングワイン・グラニュー糖を入れ、中火にかけます。

STEP3:落し蓋をして煮る

沸々してきたら弱火にし、落し蓋をして約15分煮ます。

ここでは、円形に切ったクッキングペーパーの中心をくり抜いたものを、落し蓋にしました。

STEP4:粗熱をとる

リンゴがだいたい透き通った色になり、スパークリングワインが1/3位に煮詰まったら、火を止めます。

そして、落し蓋をしたまま粗熱がとれるまで放置します。だいたい30分以上を目安にしてください。

STEP5:出来上がり

粗熱がとれたら器に移し替え、冷蔵庫で冷やします。30分以上を目安に冷たくなったら、お召し上がりください。

材料のポイント

スパークリングワインは甘口のものを使用します。

リンゴを使用しましたが、季節によっては梨でも同様に作ることができます。

注意点

ここでは小玉サイズを使用しましたが、中玉・大玉で作る場合は、材料を1.5倍・2倍に調節してください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。