1. 暮らし
    2. リユースがコツ!ハロウィーンパーティーの飾り付けの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    リユースがコツ!ハロウィーンパーティーの飾り付けの方法

    かわいい子供と楽しいイベントを過ごすことができるのは本当に短い時期です。大きくなると、「めんどくさい…。」とか「恥ずかしい…。」とか言って、参加を渋るようになります。その前にお子さんと楽しいハロウィンが過ごせるように、こんなエコな飾り付けはいかがでしょうか?

    用意するもの

    • 不要になっているハロウィンの衣装
    • 百円均一で買った小物(モール・置物・ちょうちん)
    • 透明のガムテープ
    • 模造紙・クレヨン

    飾り付けの手順

    STEP1:不要になった衣装を飾る

    右端の柱に貼ってある物は、去年娘が着たかぶりもののかぼちゃとマントです。本当はコスプレ用です。「今年は違うの着たい!」ということで、不要になってしまったこの衣装はパーティー会場の柱に張り付けディスプレイにしました。

    貼り付けの際には透明なガムテープが使いやすく、目立たず、後片付けも簡単です。

    STEP2:百円均一で購入した装飾品を飾る

    家にあったかぼちゃのランチョンマットです。その他の小物たちもすべて百円均一で購入しました。このランチョンマットを真ん中にして、ちょうちんもモールに透明ガムテープで張り付けましょう。

    STEP3:文字を作る

    子供が自由研究などに使った模造紙のあまりの紙に、使わなくなったクレヨンを使って、ちょこちょこっと「Happy Halloween」の文字を書いてできあがり!

    オレンジや紫を使うと、ハロウィーンらしくなります。

    部屋の中の飾り付け

    STEP1:不要になった衣装を壁に貼る

    こちらの右端の骸骨もコスプレ用です。2年前に息子が着ました。画鋲か小さな釘を使って壁に貼りましょう。

    STEP2:オレンジのタオルを垂らす

    オレンジや濃いグリーンはハロウィーンを思わせます。上の方にオレンジのタオルを垂らしたり、海外土産でもらった蜘蛛の巣の飾りも飾ったり、釘で衣装を留めたところに猫のピンバッジをつけたりして・・・さらにハロウィンらしくしました。

    お庭の飾り付け

    お花のあいだに小物を置くだけで、ハロウィーン気分になります!是非試してみてください。

    毎年増えていくハロウィンの衣装や小物を賢くリユースしましょう!

    終わりに

    家に残っているハロウィングッツを壁や柱に張ると、立体的で、ボリュームのある飾りになります。小さなお子さんが喜ぶこと間違いなしです。高い装飾品を買わなくても、記憶に残る思い出がつくれます。また玄関やお庭に少し飾りをするだけで、お客さんも季節を感じることができると思いますよ。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人