\ フォローしてね /

重ねず使いやすく!お弁当グッズ・水筒の収納方法

お弁当グッズと水筒は子供の成長に合わせて、いつの間にか増えていきますよね。今回は使いやすく片づけやすい収納方法についてご紹介します。

ごちゃごちゃさせない収納のコツ

すっきり収納するためには、お弁当グッズ・水筒だけを収納するスペースを確保するのが一番です。一度それを決めた後は、そこに入らないものは買わない、もしくは新しく買った場合は使っていない不要なものを捨てるというルールで収納していくようにしましょう。

実際の収納方法

食器棚一番下の引き出しにまとめて収納しています。引き出しを最大限引っ張ると一番奥まできちんと見えて何が入っているかすぐわかるようになっています。

収納のポイント

その1:無理に重ねない

お弁当箱はサイズも形もバラバラなので無理に重ねようとするとかえってスペースを取ってしまう危険性がありますし、重ねるために蓋の取り外しが必要で使用時に取り出しにくいという難点があります。

そのため、筆者は使用頻度の低いお弁当箱を立てて収納しています。

その2:毎日使うものは平置き

使用頻度の高いお弁当箱は、それのみで平置きします。専用のスペースを確保しておけば、何回出し入れしても他のものに影響が及ばず棚の中がきれいな状態に保てますし、何より出し入れが楽です。

その3:水筒は倒して保管

使用している引き出しは高さがあるので水筒を立てて収納することもできるのですが、引き出しの開閉により水筒がバランスを崩して倒れてしまうことがあります。よってあえて横向きに収納しています。

その他収納に関する注意点

同じ棚にお弁当グッズ・水筒以外のものを入れると、ごちゃごちゃする原因となります。スペースの関係でどうしても入れたい場合は、空き箱などで仕切りを作って分けて収納するとよいと思います。

おわりに

いかがでしたか。お弁当を作る朝は時間との勝負なので、使う容器をすぐに取り出せると助かりますよね。少しでも参考にしていただけたら嬉しです。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。