\ フォローしてね /

家庭で出来る中華料理の配膳方法

ご家庭で出来る、簡単な中華料理の配膳方法をご紹介します。

使用した料理の種類

  • チャーハン
  • 豚肉、たまねぎ、キャベツの炒め物
  • 大根の中華風しょうゆ漬け
  • わかめと干しエビの中華スープ

具体的に配置する場所

今回の配膳方法のポイントは、ご飯ものがチャーハンであるということです。配膳する位置は、普通の白米の場合と変わりません。

食卓上部の中央に、メインの炒め物を配置します。主役ですから目立つ位置に置きましょう。

次に、スープをご飯の右側に配置します。スープの位置が遠いと、こぼれたりして危険なのでこの位置が良いです。

最後に副菜であるしょうゆ漬けを左上のほうに配置します。彩を添える副菜があると食卓が華やかになります。

特に心がける点

中華料理の炒め物などは、多少ワイルドに盛り付けたほうが雰囲気が出ておいしそうに見えます。中華料理は油を使用しますので、野菜を使って消化を促すのもポイントです。

著者なりのポイント

中華風のおかずやサラダには、酢をちょっとかけるとおいしくなります。食卓の中央に酢を置いておくのもよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?おいしい中華風ランチを食べて午後も元気に頑張りましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。