\ フォローしてね /

初めてのパラグライダー!体験前に知っておきたい5つの知識

誰でも1度は「空を自由に飛んでみたい!」と思ったことがあるはず。空を飛ぶ手段は様々ありますが、お手頃な料金で飛べる手段の一つがパラグライダーです。パラグライダーを体験する前に知っておきたいポイントをまとめました。

本記事は、あそびゅー!のご協力により、2013年に執筆されたものです。

体験前の予備知識

1. パラグライダーの体験方法は2種類

パラグライダーの体験方法は、以下の2種類があります。

  • 体験フライト
  • タンデムフライト

それぞれの特徴について説明しますので、「イメージと違った」ということのないよう、目的に合った体験を選びましょう。

2. 体験フライトとは

体験フライトは、スキー場のゲレンデのような斜面を使って、インストラクターの指示を受けながら一人で飛ぶ方法です。飛べる高さは地上から5m程度ですが、自分の力でフワッと浮く感覚を味わうことができます。今後、スクールへの入校も考えている方はこちらがおすすめです。

3. タンデムフライトとは

タンデムフライトは、インストラクターとタンデム(2人乗り)で飛ぶ方法です。練習なしで、いきなり高いところから空を飛びたい方は、タンデムフライトを選びましょう。上空からの景色が観たい方はこちらがおすすめです。

4. 持ち物・服装は

パラグライダーを飛ぶために必要な機材はレンタルできます。大抵の場合、レンタル料は体験料金に含まれています。パラグライダーでは、離着陸の時に地面を走ることになるので、動きやすい服装・靴を身につけましょう。

5. パラグライダーを予約する

ネットからの申し込みが便利です。レジャー予約サイトでは、全国からエリアを絞り込み、料金などを比較してパラグライダーの体験施設を探せます。写真や体験動画を見て、希望に合ったプランを申込みましょう。

空を自由に飛びたいなら

パラグライダーが体験できる施設ではパラグライダースクールを開校しているところも多いので、パラグライダーを続けてみたいと思ったら、気軽に入校について相談してみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。