\ フォローしてね /

軽くて丈夫なものを選ぼう!トレッキングザックの選び方

ザックは大きさもデザインもたくさんあり、同じ容量でもブランドで違いがあります。専門ショップに行き、店員さんにアドバイスもらいながら自分でも背負ってみて、選びましょう。

トレッキングザックとは

ザックは水、食料、雨具、救急用品などをいれる大切は登山用品です。

お店に行くと大型ザックから小さなザックまで様々なザックが並んでいます。どれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、山行形態に応じたものや容量があるもの、使い勝手の良いものなどを基準に決めるといいでしょう。

今は殆どが撥水加工になっていますが、稀にそうでもないものがあるので購入前によく確認しましょう。

トレッキングザックの種類と特徴

トレッキングザックによって、丈夫で耐久性が高いものや背負いやすく疲れにくいもの、便利で使いやすいものなど、それぞれ特徴があります。

また、トレッキングザックには様々なサイズがあります。

日帰り

日帰り登山であれば15~20リットルの小型ザックで十分です。

山小屋泊

山小屋泊する場合は25~30リットルのものが必要です。

複数泊

複数泊する場合は、行動食などの持ち物が増える分、もう一回り大きい30~50リットルの中型ザックを選びましょう。

テント泊・長期山行

テント泊や長期山行などでは、シュラフなどのテント装備や食料などかさばる物が多いので、50リットル以上の大型ザックが必要になってきます。

トレッキングザックを選ぶポイント

ポイント1:背中がムレにくいもの

背面がメッシュになっているザックは通気性が良く背中とザックの密着するのを防いでくれるためにムレにくくなっています。

ポイント2:ポケット

ポケットは、たくさんあればいいというわけでもなくいれたいものを考えて決めて選ぶのもいいです。外側に収納出来るサイドポケットがたくさんついたタイプ。外側はシンプルでポケットの少ないタイプがあります。

  • シンプルタイプはポケットなどが少なく軽量で凸凹がないのでヤブなどに引っ掛けにくいです。
  • 小分けタイプ:小分けタイプは頻繁に取り出すものとあまり使わないものを分けて収納できるしザック内が整理整頓しやすいです。

著者は、ポケットがたくさんついてて小分け収納が割合多いタイプを使っています。小分け収納が多いと休憩の時にザックを開けて中を探しまわらなくていいし、お菓子などもポケットに入れているとさっと出せます。水もザックから出さなくても立ったまま出して飲むことができます。

ポイント3:サイドジッパー

サイトジッパーが付いてザックの底の方にパッキングしたものもあります。これは底の方にもう1つポケットが付いていると考えてもらっていいです。ジッパーで開け閉めができます。そこには着替えとかペットポトルなどもいれることができます。

著者の場合は水を沢山飲むのでペットポトルを入れた時落ちる心配のない深いポケットを選んでいます。

ポイント4:身長に合わせて選ぶ

デザインは好みですが身長に合わせて選びたいです。ショルダーベルトから腰ベルトまでの長さが自分の背中の長さと合っているかどうか実際に背負って確認して下さい。S、M、L、とサイズもあるので背面の長さが調整出来るものもあります。

ザック背面の長さと自分の背中の長さがあっているかどうかがポイントです。

著者の場合は実際に背負って店員さんに確認してもらいました。

ポイント5:取り出し口

上部の取り出し口を雨蓋で開閉するタイプと、ファスナーで開閉するタイプがあります。ファスナータイプはファスナーを全開にすれば中身が見えて荷物が取り出しやすいが雨に弱くたくさん詰めると破けやすい欠点があります。

雨蓋タイプは荷物の出し入れ口が狭いので荷物をしまうのに手間が掛かりますが、いれるものでザックの大きさが変化するので融通が利きき、ザックが大きくなったり小さくなったりで行きと帰りで調整出来ます。

著者は、帰りに荷物が減っても増えることがないし、荷物の重量があまり変わらないので、ファスナータイプを使っています。

日帰りが多いし、リーダーが鍋やボンベ、救急用品は持参してくれるので荷物はあまりたくさん持って行きません。

おわりに

重量に合わせて使っても、日帰りだけど大きめのザックで隙間のある方が背負いやすいこともあるので自分のやりやすいザックで選んでもいいとおもいます。

帰り道摘んだ山草を入れるから大きめを選ぶということあるので使ってみてからザックを買い足すならこういうことも考慮してください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。