\ フォローしてね /

出世魚!美味しいスズキの見分け方

スズキは、フランス料理でも高級白身魚として、よく登場する食材です。ブリと同じように、成長と共に名前を変える出世魚であることをご存じでしょうか?

スーパーでも手に入るので、是非家庭でも美味しくいただきたいですね。今回は「美味しいスズキの見分け方」を紹介しましょう。

産地で見分けるポイント

生息地は日本列島沿岸部です。海と河川両方で住処を変えながら成長するので、河口付近でも生息しています。

島根県宍道湖が有名ですが、色々な所で収穫されます。水のキレイな所のものは、身もくせがなく美味しいと言われます。

品種で見分けるポイント

呼び名は成長に従ってヒカリゴ→コッパ→セイゴ→フッコ(ハネ)→スズキと変わり、スズキは体長60cm以上とされています。スズキの仲間にはヒラスズキ、タイリスズキなどがあります。

色味で見分けるポイント

スーパーなどでは、大きなスズキを切り身にして売られていることが多いですね。

背中側が黒または緑がかった濃い灰色お腹にかけて、銀色から白色のもので、光沢があるものを選んで下さい。身はピンクがかったキレイな白色が良いでしょう。

形で見分けるポイント

身が引き締まって弾力のあるものが新鮮です。パックされているものは無理かも知れませんが、におってみて臭みがないものが美味しいです。

鮮度が落ちているかも知れないと判断するポイント

スズキの味は住んでいた水の質に左右され、キレイな水のところのものはクセも無く美味しいのですが、水にニオイがあるものは少し影響するようです。ニオイが気になるものは避けたほうが良いでしょう。

切り身の場合、内臓や血の汚れが滲んで身についてしまっているものは避けましょう。光沢がなく色がくすんでしまっているものも、鮮度が落ちているかもしれません。

スズキの美味しい食べ方

クセが全くない生食用のものは刺身やアライにして食べたいですね。また、白身の魚でもやや香りが強いので、加熱する場合は濃い味付けをするとよく合います。

  • 煮つけ
  • 香草を利かせたムニエル
  • 揚げ物
  • ブイヤベースなど和洋中様々な料理ができる

我が家ではバジルオイルでムニエルにしたり、唐揚げで野菜をたっぷり入れた、中華あんをかけていただくことが多いです。

おわりに

参考になりましたでしょうか?夏は旬の魚として、秋冬にも脂の乗った魚として楽しめるのがスズキです。店頭で見つけたら、是非チェックしてみて下さい。

記事作成にあたり「旬の食材百貨」を参照しました。
このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。