1. コミュニケーション
    2. 状況別!上司の呼び方が変化する5パターンの紹介

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    状況別!上司の呼び方が変化する5パターンの紹介

    あなたは会社で上司のことをどのように呼びますか?〇〇さん、〇〇部長など、呼び方はわかっていても、ビジネスシーンごとに呼び方が変わるのをご存知でしょうか。

    本日は、上司の呼び方が変わる5つのパターンをご紹介致します。

    状況に応じた正しい上司の名前の呼び方パターン!

    社内で上司を呼ぶときの一般例

    最も基本的な呼び方です。社内で上司を呼ぶ時には、「苗字+役職名」が基本となります。〇〇係長、〇〇部長という呼び方が一般的です。

    会社によっては、役職名では呼ばずに〇〇さんと呼ぶことを推奨している会社もあります。

    社外で上司を呼ぶときの一般例

    社外のお客様から上司のことを紹介する場合には、「役職+の+苗字」が基本となります。例えば、「私の上司である課長の伊藤をご紹介致します。」

    この時、役職を先にお伝えした後に、名前を呼び捨てにします。社外の時は呼び捨てが基本です。

    上司宛てに電話がかかってきたときの一般例

    この場合も、社外の方からのお電話のため、「役職+の+苗字」が基本となります。例えば、「課長の石田は只今席を外しております。」

    対面でも電話でも社外の方には変わりがありません。

    上司のご家族からお電話があった場合の一般例

    急ぎの場合、ご家族の方から会社に電話があることもあります。その場合には、「苗字+役職」が基本となります、例えば、「〇〇部長ですね、少々お待ちください」

    ご家族からのお電話の場合には、社内と同様に敬意を表する表現が一般的となります。

    プライベートなど、会社とは関係がない時の場合の一般例

    上司の方と、仕事以外で会う場合には、「〇〇さん」という呼び方を好む方もいます。いつでもどこでも上司らしい呼び方ではなく、上司から「〇〇さん」で良いと言われた場合には、遠慮せず、「〇〇さん」と呼びましょう。

    プライベートの場面で役職を連呼することを好まない方も多くいらっしゃいます。時と場合に合わせて使い分けしましょう。

    おわりに

    呼び方は、あなたの気持ちを表す大事な表現となります。会社で決められているルールと合わせて、上司の呼び方のパターンを習得してください。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人