\ フォローしてね /

アルコール除菌剤でスッキリ!トイレタンク外側の掃除方法

アルコール除菌剤を使った、トイレのタンク外側の掃除方法をご紹介します。

掃除の頻度、タイミング

タンクの外側は便器のように頻繁に汚れるものではないので、1~2か月に1回の掃除でもきれいに保てると思います。

汚れの種類は、ほとんどがほこり汚れなので、簡単に掃除することができます。

ほこりが溜まってきたら、掃除するようにしましょう。

掃除に必要な道具

  • トイレットペーパー
  • アルコール除菌剤
成分的に安心して使える、食器用の除菌剤を使っています。

掃除の具体的な手順

STEP1:乾拭きでほこりを拭き取る

乾いたトイレットペーパーで、特にほこりが溜まりやすい上の部分を中心に拭き取ります。

STEP2:トイレットペーパーにアルコール除菌剤を吹きかける

きれいなトイレットペーパーにアルコール除菌剤を吹きかけて湿らせます。

2~3プッシュ吹きかけるといいでしょう。

STEP3:タンク全体を拭く

湿らせたトイレットペーパーでタンク全体を拭きます。

STEP4:水洗レバーも忘れずに

水洗レバーは手で直接触れる部分なので、しっかり拭いて除菌しましょう。

トイレのタンク外側の掃除で注意すること

アルコールはキッチン用や掃除用のものを使用してください。

アルコール除菌剤が木製の壁や床などについてしまうと変色してしまう場合もあるので、木製の部分にはかからないようにしてください。

さいごに

タンク外側全体の掃除はたまにでOKですが、水洗レバーの部分だけは、みんなが手で触れるので、ここだけはこまめに除菌することをおすすめします。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。