1. 雑学
    2. 古代オリンピックからケーキが?洋菓子の由来まとめ[バターケーキ編]

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代オリンピックからケーキが?洋菓子の由来まとめ[バターケーキ編]

    現在では、街のいたるところで洋菓子を見ることができますよね。和菓子よりも店舗数や販売スペースが多くなっているのがほとんどではないでしょうか。

    しかし、その洋菓子がなぜどのように作られて、なぜその名前ができたのか知っていますか?

    ここでは洋菓子を食べるのがもっと楽しくなるよう、洋菓子の由来を紹介します。今回は、主にバターケーキ類についての由来をまとめてみました。

    バターを使ったケーキ

    パウンドケーキ

    パウンドケーキは、イギリスで生まれたバターケーキです。小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンド(454g)ずつ使って作るため“パウンド”ケーキと名づけられました。

    オランダ語のpondは、英語でpound(パウンド)と言います

    また、パウンドケーキはフランス語では「キャトル・カール(Quatre-Quarts)」といい、「4分の4」の意味を持ちます。

    これは小麦粉、バター、砂糖、卵の4つの材料を同量ずつ使うことで、それぞれが「1/4」の4種類で「1/4×4=4/4」となるためです。

    バウムクーヘン

    バウムクーヘン(バームクーヘン)はドイツ語で「Baumkuchen」と書きます。ドイツ語でBaumは「木」、Kuchenは「ケーキ」を意味します。

    断面が樹木の年輪のようであることからその名前がついたと言われています。

    チーズを使ったケーキ

    チーズケーキ

    チーズケーキは、おなじみのチーズを使ったケーキです。大きく分けて、温製のベイクドチーズケーキと冷製のレアチーズケーキに分かれます。

    チーズケーキの起源は古代ギリシャにあるそうです。紀元前776年の第1回古代オリンピックの期間中、アスリートたちに振る舞われていたとされています。

    また、ベークドチーズケーキの起源は中世前期ポーランドにあるようです。フレッシュチーズを使用した「セルニック」というチーズケーキが、ゴラールと呼ばれるスラヴ系の山の民の郷土食として昔から食べられていました。それがレアチーズケーキとして世界へ広まっていったと考えられています。

    ティラミス

    ティラミスは、「マスカルポーネ」に生クリームを混ぜ、ココアパウダーをふりかけたイタリア発のケーキです。日本では90年代に大人気となりました。

    ティラミス(Tira-mi-su)の意味は、イタリア語で「Tira(持ち上げる)」の命令形で「mi(私を)」「su(上に)」を意味します。直訳すると「私を上に持ち上げて!」 という意味です。つまり「私を元気づけて!」などの意味を持っています。

    卵やチーズ、生クリームなど、栄養いっぱいの材料を使っていたり、コーヒーリキュールなどほのかにアルコールが香ったりするため、この名前がついたのではないでしょうか。

    おわりに

    バターケーキ類の洋菓子の由来を紹介しました。「私を元気づけて」など、メッセージ性のあるケーキがあるとは面白いですね。

    ケーキ店などで見かけたときにはちょっと思い出してみてください。

    このライフレシピを書いた人