1. 料理
    2. 残ったカレーでも違う味わい!次の日のスープカレーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    残ったカレーでも違う味わい!次の日のスープカレーの作り方

    前の日のカレーが残っていたら、スープカレーを作ってみませんか。牛乳を使ってまったく違う味を楽しむことができますよ。

    我が家では定番の「次の日のスープカレー」。作り方を紹介しましょう。

    材料(2人分)

    • カレー 1人分(約220g)
    • ピーマン 1個
    • サラダ油 小さじ1
    • 牛乳 100ml
    • 水 1カップ
    • コンソメキューブ 1/2個(約2.7g)
    • ガラムマサラ 少々
    • ローリエ 1枚(無くてもよい)
    カレーは前日に作ったもので鶏挽肉、じゃがいも、人参、玉ねぎ、コーンが入っています。具は何でもOKです。

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:茹で卵を半分に切る

    茹で卵を作り半分に切っておきます。固さはお好みで半熟でも堅茹ででも構いません。

    今回は14分ほどの堅茹でにしました。

    STEP2:ピーマンを切る

    ピーマンはヘタを切り落としてから、タネを出して2,3mm幅の輪切りにします。

    切り方は自由ですが、カレーの具が大きくない場合は輪切りにすると見た目もきれいで、細切りにすることでピーマン臭さが際立ちません。

    STEP3:ピーマンを炒める

    鍋にサラダ油を敷いて火をつけ、弱火でピーマンを1分程炒めます。

    STEP4:スープを加える

    スープとコンソメ(指でつぶしながら)、ローリエを加えて中火にして煮立たせます。

    STEP5:カレーを加えて煮る

    スープが煮立ったら火を弱めてカレーを混ぜ入れます。その後弱火のまま3,4分煮込みます。

    鍋底に焦げ付かないように混ぜて下さい。

    STEP6:牛乳とガラムマサラを加える

    仕上げに牛乳とガラムマサラを加えて中火にし、煮立ったら沸騰する直前に火を弱めてさらに1分ほど煮込みます。

    完成

    器にスープカレーを移して卵を入れれば出来上がりです。

    補足

    今回はピーマンを加えていますが、他の野菜でもOKです。味の強いピーマンなどを入れると元のカレーと風味が変わるのでおススメです。もちろん何も入れなくても大丈夫です。

    カレーを作る段階でもガラムマサラを使っていますが、スープカレーを作る時にも足すことでさらにスパイシーな味わいになります。ローリエも同様に短時間でも入れると美味しくなります。

    さいごに

    カレーは次の日のほうがコクが出て美味しいと言いますね。1度作ったものをアレンジすれば別のタイプのカレーが楽しめます。

    是非お試しください。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人