\ フォローしてね /

ちょっと小話 雑学

知らなくても損はしないけど、知っていたらちょっと得をする知識が集結!思わずメモをして誰かに言いたくなるものから専門的を超えて、マニアックすぎて理解し難い情報まで…あなたの生活を少しだけ豊かにするヒントを覗いてみませんか。

このカテゴリの中でよく読まれているタグ

837件中 601 - 620 件を表示

中学理科2分野・細胞のつくりとはたらきを学ぶポイント

ここでは、中学「理科2分野」の「細胞:細胞のつくりとはたらき」の学び方について紹介します。機能ごとに追加していきますので1つ1つ覚えていきましょう。 細胞を仕切っている膜になります。 通常、1個の細胞のなかに核が1個存在し、 染...

2013年04月30日作成/2017年11月14日更新
  • #理科・科学

  • #教養知識

正しい実験グラフの作成方法

毎週、実験レポートの提出に追われている理工系の学生は多いと思います。 多くの実験では、実験内容を解説する文章力はもちろんですが、正しい実験データをわかりやすく表現する「グラフ作成能力」が問われます。 筆者は現在実験やレポート執筆...

2010年08月24日作成/2017年11月14日更新
  • #レポート・卒論

  • #理科・科学

  • #高校生・大学生向け

  • #教養知識

「たながのる」を覚えよう!中学国語「連体詞」のポイント

「連体詞」とは、漢字の通り 「体言に連なる品詞」 です。実はかなり見分けがつきやすい品詞なのですが、ちょっと紛らわしい所があるので苦手な人も多いようです。 では早速問題です。 このうち、「連体詞」はどれでしょう。すぐ答えられましたか...

2013年04月09日作成/2017年11月14日更新
  • #現代文・国語

  • #教養知識

  • #正しい日本語

5分で学べる!国語「指示語問題」読解のポイント

指示語の問題の解き方には、鉄則があります 。この鉄則を知らないと、感覚で解いてしまい、できたり、できなかったりと、正答率が安定しません。 指示語の問題を解くときは、指示語の「前」ではなく、指示語の「後」をみることが大切です。なぜか、...

2012年12月21日作成/2017年11月14日更新
  • #現代文・国語

  • #教養知識

5分で分かる!国語・文法「形容動詞」の学び方

まずは実力チェック。 【問題2】次の文から「形容動詞」を、すべて抜き出しなさい。「小さなマルちゃんは、「まぬけな子だな」と、静かに言った」 どうでしょうか。自信を持って答えられましたか。下記の文章を読めば、自信を持って答えられるよう...

2012年12月21日作成/2017年11月14日更新
  • #現代文・国語

  • #教養知識

  • #正しい日本語

高校・古文法「和歌の修辞法を学ぶ」

「和歌は苦手」という高校生は多いと思いますが、大学入試センター試験の古文でも和歌に関する出題率は高いと言えます。高校古文を勉強する上で、和歌の学習は必須のものとなってきています。 五・七・五・七・七 のわずか 三十一音 の中に、より...

2013年06月08日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #大学受験

  • #教養知識

中学地理「オーストラリア」について押さえておくべきポイント

今回は、オーストラリアの地理について押さえるべきポイントをご紹介します。 オーストラリアは、四方を海に囲まれています。また、オーストラリアは起伏に乏しく南太平洋・インド洋・南氷洋に囲まれている世界最大の「島大陸」です。 しかし、オー...

2013年03月16日作成/2017年11月14日更新
  • #社会・政治経済

  • #教養知識

  • #オーストラリア

中学地理「近畿地方」の学び方

中学生でも日本地理が苦手な生徒が意外と多いようです。 近畿地方は地域の特徴がはっきりしていますので、それぞれの特徴をしっかり覚えて、テストの得点源にしましょう。 近畿地方は京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・三重県の ...

2013年07月27日作成/2017年11月14日更新
  • #社会・政治経済

  • #教養知識

【古文・助詞】これだけで十分!理解するべき助詞10選

古文の助詞は全部で50種類ほどもあります。しかし、中学では10種類も理解すれば、試験対策としては十分です。その必要最小限の助詞を紹介しましょう。 中学で最も試験に出る助詞は、もちろん 係り結び を生じさせる 係助詞 です。これだけは...

2013年05月07日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #教養知識

  • #大学受験

中学地理の「九州地方」の攻略法

中学生でも日本地理が苦手な生徒が意外と多いようです。 しかし、九州地方は他の地方との違いがはっきりしている上に、各県でも違いがはっきりしているので、要点をきちんと押さえれば、簡単に点数アップが狙えます。 普通、九州地方と言われたら ...

2013年07月01日作成/2017年11月14日更新
  • #社会・政治経済

  • #教養知識

中学国語「副助詞」の見分け方

現代文の助詞には、「格助詞」「接続助詞」「副助詞」「終助詞」の4種類があります。この中で最も判別しにくいのがこの「副助詞」です。 「副助詞」とは簡単に言うと、 様々な語に付いて、意味を副(そ)える ものです。範囲が漠然としていて分か...

2013年04月09日作成/2017年11月14日更新
  • #現代文・国語

  • #教養知識

  • #正しい日本語

目でも覚えよう!「火山:火成岩」分野の勉強のポイント

火成岩分野の勉強のポイントを紹介します。 火成岩の種類(火山岩と深成岩)とそのでき方を理解しましょう。~状組織ということばもいっしょに覚えましょう。さらに、火山岩と深成岩の種類(6種類)を覚えましょう。 火成岩とは、マグマが冷え固ま...

2013年01月24日作成/2017年11月14日更新
  • #理科・科学

  • #大学受験

  • #教養知識

5分で学べる!国語・文法「格助詞」の学び方

「助詞(格助詞)」について、まずは実力チェック問題から。 【問題2】 次の文の「 太字の言葉 」のうち、性質の異なるもの(仲間はずれ)を選びなさい。     (1) 水「 が 」飲みたい。     (2) 犬「 が 」ほえる...

2013年01月25日作成/2017年11月14日更新
  • #現代文・国語

  • #教養知識

  • #正しい日本語

断定「なり」との違いに注意!伝聞・推定の助動詞「なり」のおさえるべきポイント

伝聞・推定の助動詞「なり」で特に注意すべきは、断定の助動詞「なり」と混乱することです。しかし伝聞・推定とさえ分かれば訳は難しくないので、しっかり確認しておきましょう。 伝聞・推定 の助動詞であり、次のように訳します。 終止形 に接続...

2013年05月18日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #大学受験

  • #教養知識

『徒然草』・「仁和寺にある法師」を読むときのポイント

日本三大随筆の一つと言われる 兼好法師 の『 徒然草 』。その中でもよく中学の教科書に採用される「仁和寺にある法師」を勉強しましょう。写真は京都市にある 仁和寺 です。 さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ...

2013年05月04日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #大学受験

  • #教養知識

漢文読解『長恨歌』 白居易 作のポイント!

「長恨歌」は白楽天の代表的詩の一つで、 史実を歌にした勇敢な歌 といわれています。なかなか、現王朝の間にはできないことだったのですね。例えば正史については次の王朝の者が前王朝の物を書くのが中国式でした。それでは、さっそく唐の恋愛詩の...

2013年02月15日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #大学受験

  • #教養知識

漢詩「春暁」を読み解くポイント

春が来ると、日本人は漢詩「春暁」を思い浮かべます。特に最初の一句「春眠暁を覚えず」は、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。ここではそれほど日本人に親しまれている名作にふれてみましょう。 春暁(しゅんげう) 孟浩然 春眠暁(あかつ...

2013年04月19日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #教養知識

  • #大学受験

中学地理!北海道地方の学び方

今回は、北海道地方をピックアップして学ぶべき点をご紹介します。 北海道地方を学ぶときに必ず覚えておいてほしいのは、 この4点です。これさえつかめば入試等ではこの分野に限り問題はないでしょう。著者は、このうち2つ(自然と地形、時事問題...

2012年12月20日作成/2017年11月14日更新
  • #社会・政治経済

  • #教養知識

  • #北海道

やればすぐに暗記できる!再読文字の学び方

再読文字は暗記しなくては解読できないので、躓いてしまう人も多いですよね。暗記ができない、暗記しなければと思っている方必見!この記事でマスターしましょう! 再読文字とは漢文の中にある語句のことで、二度読む文字のことです。 助字というの...

2013年07月11日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #大学受験

  • #教養知識

「四面楚歌」「史記」の読解ポイント

中国の歴史書を代表する「 史記 」。その中でも、秦滅亡後の漢と楚の抗争は大変有名です。 ここでは 四面楚歌 (しめんそか)という故事成語を生んだ場面を取り上げましょう。 前漢時代の歴史家、司馬遷(しばせん・生没年不詳)による歴史書で...

2013年04月24日作成/2017年11月14日更新
  • #古文・漢文

  • #教養知識

  • #大学受験

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。