1. 雑学

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっと小話 雑学

    知らなくても損はしないけど、知っていたらちょっと得をする知識が集結!思わずメモをして誰かに言いたくなるものから専門的を超えて、マニアックすぎて理解し難い情報まで…あなたの生活を少しだけ豊かにするヒントを覗いてみませんか。
    836件中 101 - 120 件を表示

    高校国語・古文文法「言葉の単位・単語の種類」の学び方

    古文文法という言葉に、みなさんはどんな事を感じますか?複雑・難しい・面倒等々・・・色々浮かぶと思います。現代文の文法は常に今触れているので、勉強しなくてもわかる部分がありますが、古文はそうもいきません。 筆者も当然苦労した、古文文法...

    高校「政治経済」の「現代の経済:国民経済と国際経済」分野の学び方

    高校で学ぶ政治経済は、現代においても必要とされる知識です。しっかり要点を押さえていきましょう。今回は「現代の経済:国民経済と国際経済の学習の仕方」について紹介したいと思います。 上記のような考え方を 比較生産費説 と言います。これは...

    必須は5つ!高校国語現代文の文法「接続助詞」の学び方

    高校国語の「現代文の文法」で「接続助詞」は、とてもたくさんの種類があります。全部を覚えきるのは大変なので、主にテストに出やすい「接続助詞」について、説明していきます。 接続助詞とは、用言や助動詞にくっつき、前後の言葉を接続するもので...

    高校・古文法「係助詞」学習のポイント

    係助詞 は「けいじょし」「かかりじょし」のどちらでも呼ばれますが、この分類方法は古文法独特の分類方法だと思ってくださって結構です。高校国語では、現代語(口語文法)で係助詞という分類を用いる先生は少数派だと思います。 この係助詞という...

    「随筆とは何か」がポイント!高校国語の随筆文を読解するコツ

    高校の「国語」では、主に、物語文、論説文、随筆文を学びます。その中で、随筆文は少し中途半端な位置にあるものかもしれません。そのため、意外と読解しづらいです。 ここでは随筆文の読解方法について、書いていきます。 随筆文とは、作者の気持...

    初めと最後の段落に注目!高校「国語」の「評論」読解のポイント 

    高校「国語」の現代文読解で、「評論」は、時々、とんでもなく難解なものがあったりします。また、「物語文」はいいけど、「評論」は苦手という高校生も、多いのではないでしょうか? 高校「国語」の「評論文」読解のポイントについて、書いていきた...

    高校国語「五十歩百歩」の読解ポイント

    五十歩百歩という言葉をご存知でしょうか? 「どちらも大して変わらない」という意味ですが、その由来となった漢文を紹介します。 孟子対曰、王好戦。請以戦喩。填然、鼓之、兵刃既接。棄甲曳兵而走、或百歩而後止、或五十歩而後止。以五十歩笑百歩...

    超高齢老人の昔語り 高校古文『大鏡』読解のポイント

    古代の上等な鏡のように、過去の史実を明らかに映し出す書物 - これがこの作品を『大鏡』と呼ぶ理由のようです。 実在したならばギネス級の高齢だった老人たちが語る歴史とはどんなものなのでしょうか。 作者は誰なのかはっきりしていません。候...

    女性のふりをしているのに要注意! 高校古文『土佐日記』読解のポイント

    仮名文字 で書かれ、日本最古の日記文学作品と言われているのが『土佐日記』です。 女性仮託 で書かれたこの作品は、女流文学の発展に大きな影響を与えました。しかし、なぜ女性のふりをする必要があったのでしょう? 平安前期の代表的歌人であり...

    高校「国語」<竹取物語冒頭>読解ポイント!

    今回は、高校1年生で習う「竹取物語」で、筆者が学校で教わった読解のポイントをご紹介します。 竹取物語は、 平安時代 (9世紀頃) に成立したとされており、 作者未詳 となっています。 この物語は、童話で有名な「かぐや姫」です。 それ...

    物語への憧れ…高校古文「更級日記」読解のポイント

    そんな回想から始まる、作者の自叙伝的な作品が『更級日記』です。少女時代から40年余りにわたって、作者の人生が和歌を交えながら回想的に綴られています。 「源氏物語」オタク だった少女時代が描かれる前半は「今でもこんな人いるよね」と親し...

    「みやび」に触れる―高校古文『伊勢物語』読解のポイント

    『伊勢物語』は短編で構成されている作品なので、長編の『源氏物語』などと比べると読みやすい作品だと思います。しかも、男女の恋愛のエピソードが、美しい和歌とその和歌の成立事情によって語られた短編を多く収録しているので、 王朝的みやび の...

    高校古文「方丈記」読解のポイント

    この屈指の名文とも言われる一文で始まる「方丈記」は、鎌倉時代を代表する仏教の無常観を基本に置いた隠者文学などと教わったのではないでしょうか。 「でも、無常観なんて言われてもわからないし、堅苦しくて嫌い」という感想をもつ高校生も多いよ...

    基本的人権の「社会権」「基本的人権を守る権利」のポイント

    我々、日本人は日本国憲法で「人権」が守られています。今回は、「基本的人権」の中にある「社会権」と「基本的人権を守る権利」について学びます。 社会権とは、基本的人権の一つで、 社会を生きていくために人間が人間らしく生きていくための権利...

    高校化学!物質の変化と平衡:化学反応と化学平衡を理解するうえで重要な3つのポイント

    反応速度や化学平衡は気体、液体が化学的にどのような変化をするか理解する上で重要です。いくつかポイントを押さえて記事にしました。 そもそもどうすれば反応するか考えて見ましょう。反応は物質同士がぶつかって起こるものです。 どうすれば物質...

    高校「国語」『古今著聞集』読解のポイント

    タイトルが、作者が熱愛していたといわれている『古今和歌集』に似ていますが、世間によく知られていること、という意味の 「著聞」 が使われ『古今著聞集』となっています。 『古今著聞集』の読解について説明していきます。 編者は、伊賀守 橘...

    高校・現代文(小説)読解のための基本となる3つのポイント

    小中学生の頃と違い、高校の現代文は格段に難しくなりますよね。書かれている事をそのままに読み解けばよかったものが、書かれていることの中に隠されている意味を読み取らなければ、答えられない問題が増えていきます。 今回は「小説」を読み解くた...

    高校「国語」<古文・古文の読解>堤中納言物語を読み解くコツ

    今昔秀歌百撰の で知られるのが 堤中納言・藤原兼輔 で実在の人物です。 醍醐天皇に仕えましたが、しばらくは道真が重用されていましたので、次々に歌を詠み、身分が高いのに歌に明け暮れました。 さて、この記事では、「堤中納言物語」を読解す...

    高校生物!個体群と生物群集の学び方

    生物は単独ではなかなか生きていけないものです。 その生物たちが互いにどのような関係で生活しているのか? それを学ぶのが個体群と生物群集の分野です。生態系は上の図のように成り立っています。 今回は、上の図を解説する形で個体群と生物群集...

    高校に1日も行かずとも大学へ行ける!?意外と知らない高卒認定試験とは

    今でこそ高校から海外に飛び出す学生も増えてきているようですが、おそらく大多数の学生は当たり前のように中学から高校に進学し、色々あるでしょうが大学に進学される方が多いかと思います。 通常気にすることもないかと思いますが、大学に入学する...