生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. Twitter疲れに効く!?匿名で届く「Arrow」で本音を叫べ!
パソコン・ソフトウェアのハウツー

Twitter疲れに効く!?匿名で届く「Arrow」で本音を叫べ!

nanapiトピックス

TwitterやFacebookでたくさんの友人とつながりすぎ、気を遣いすぎて疲れてしまったり、発言しにきくなったりしていませんか?

「もう、疲れたよ……」とか、「あいつが許せない」とか、誰かに心配をかけるようなことは言いづらい。「おなかすいた~」なんて気軽な一言も、「上司や取引先も見ているしな」と思うと書きづらい。結局何も書けなくなったり、変に気を使ってしまって疲れてしまう……。

そんな“SNS疲れ”とは無縁のつぶやきサービスが話題になっています。その名も「Arrow」。匿名でつぶやいた言葉が見知らぬ誰かに届き、必ず返事がもらえるサービスで、PCとAndroid、iPhoneから利用できます。

実際にやってみると、「何をつぶやいてもいい」「必ず誰かが答えてくれる」のはなかなか爽快です。基本は「200文字以内でつぶやく」だけなので、簡単に使えます。

「おなかがすいたよーー」に優しい答えが!

Arrowの登録サイトでメールアドレス、ユーザーID、パスワードを設定し、メール認証を行うと参加OK。まずは「Arrow」(つぶやき)入力欄に、何か書き込んでみましょう。

[alert:ユーザーIDは、ふだん別のサービスで使っているIDとは異なるものにしましょう。また、Arrowは基本的に誰でも見ることができ、検索にもひっかかるので、誰かに見られると困るArrowは避けましょう。]

つねにおなかがすいている記者は「おなかがすいたよーー」と入力してみました。待つこと3分。「か、かわいそうに、アメちゃんあげよか。」と、見知らぬ方からあたたかいお答えが!徹底的にどうでもいいつぶやきに、優しい言葉をかけていただき感無量です。

楽しくなって「大好き!」と入力してみたら、数分後に「ぼっ、ぼっ、ぼくでよかったですか??」とお茶目なお答えが。ネガティブな内容ではどうだろうと、「仕事がつらいよー」と書いてみたら、「役に立つつらさもあるよ」とこれまた優しいお答えが届きました。ありがとうの気持ちを込め、「Thanks」ボタンをクリックしました。

答えにくいArrowは「たらい回し」

マイページには誰かのつぶやき(Arrow)が定期的に届き、それに返信することができます。

「また12時間ねてしまった。罪悪感。」なんてグチが届くこともあれば、「俺のPOSTにレスくれたら、もれなくThanksが無料でついてきます!!」なんてつぶやき、誰にあてるともないつぶやきが届きます。気が向いたら返信すればよいし、気が向かなければ「」ボタンを押せば、誰かにArrowを「たらい回し」でき、自分で答える必要がありません。

どうせ見知らぬ人のつぶやき。答えたければ答えればいいし、答えなくてもいい――SNSのコミュニケーションに疲れてしまったけれど、誰かとつながっていたい、会話していたいという、“気遣いなさみしがりやさん”には、気持ちのいいサービスです。

Arrowの使い方は、こちらからどうぞ

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る