生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 忘年会シーズン、「あられもない写真がFacebookのタグで暴露」の危険性
パソコン・ソフトウェアのハウツー

忘年会シーズン、「あられもない写真がFacebookのタグで暴露」の危険性

nanapiトピックス

年末の宴会シーズン。酔って痴態をさらして、翌朝覚えていない――そんな人も少なくないかもしれません。

ソーシャル時代の飲み過ぎは、二日酔いのつらさや失った記憶と戦うだけでなく、「自分の痴態の写真がネットでシェアされている」という不測の事態に備えなくてはなりません。

特にFacebookでは、「タグ付け」機能が曲者。タグ付けとは、投稿した内容を、別のユーザーのウォールにも共有できる機能です。例えば、Aさんが写真を投稿するとき、Bさんをタグ付けすると、その写真はAさんとBさん、両方のウォールに公開されます。

例えばBさんが飲み会で酔いつぶれて脱いでいたとしましょう。それを面白く思ったAさんは、脱いだBさんの写真をFacebookにアップし、その写真にBさんのタグを付けます。

するとその写真は、Aさんの友達とBさんの友達、両方に公開されてしまうのです。翌朝起きてFacebookを見たBさんが、「ちょ、この写真だけは、マジやめてくれ……」と思っても時すでに遅し。Bさんの友達が冷やかしのコメントを寄せているわ、Facebookでつながっている上司や取引先に痴態を見られてしまうわで、肝を冷やしてしまうのです。

Facebookには、タグ付けされた投稿を自分のウォールに出ないように設定する方法があります。酔いつぶれる前にあらかじめ、設定しておきましょう。詳しい方法は下のレシピで。

「あられもない写真がFacebookのタグで暴露!」を防ぐためのプライバシー設定 - nanapi Web

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る