生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 「宝物になった」――Facebookイベントで、2次会の招待も報告も
パソコン・ソフトウェアのハウツー

「宝物になった」――Facebookイベントで、2次会の招待も報告も

nanapiトピックス

「拒否反応は結構あったんだけど、やってよかったんじゃないかな」

この秋に結婚式を挙げた、会社員の鷹木創(たかき・そう)さん(30代)。結婚式2次会の招待から、当日の様子の報告まで、Facebookのイベント機能で行った。

2次会の招待状は、はがきで出す人が多いが、招待専用のサイトを作り、メールで招待する人も増えている。鷹木さんは、Facebookを利用していない人にはメールで、利用している人にはFacebookのイベントページで案内することに
した。

Facebookのイベントページは、日時と場所、概要を入力し、招待したい友人を選ぶだけで招待状を送れ、出欠の登録もFacebook上でできる。イベント参加者は、ウォールにコメントを書いたり、写真や動画をアップすることも可能だ。

鷹木さんは出欠の登録フォームをGoogleドキュメントで作り、Facebookイベントページにリンクを貼るかたちで、出欠登録してもらった。

二次会の幹事をしてくれた友人のうち、Facebookに馴染みのない人は、「本当にFacebookで招待するの?」と不安がっていた。だがFacebookイベントで招待した人の出席率はメールによる招待より高く、幹事も驚いていたという。

当日。2次会会場内のプロジェクターに、新郎新婦の写真や動画が次々にアップされた。撮影したのは2次会の参加者。会場で撮影した写真や動画を、Facebookのイベントページのウォールにアップしてもらい、ウォールをプロジェクターに映していたのだ。

2次会最中に写真や動画をアップしてもらうこの試みは、「断然やってよかった」と鷹木さんは振り返る。ウォールに投稿してくれた人は一部だったが、一緒にお祝いしてくれている気が増した上、参加できなかった人にも、会場のリアルな雰囲気を発信できた。新郎新婦が座る高砂席からは見えなかった、参加者側の視点で見ることもできた。

「イベントページのウォールは、欠席した人たちも喜んでくれたし、なにより僕らの大切な宝物になりました」と鷹木さんは話している。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る