生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 家計簿つけるならZaimとOCN家計簿の組み合わせが最強かも
パソコン・ソフトウェアのハウツー

家計簿つけるならZaimとOCN家計簿の組み合わせが最強かも PR

nanapiトピックス

家計簿の挫折歴

突然ですが、筆者は家計簿というものがとことん苦手でした。

もちろん、大人たるもの、お金の管理をしっかりとやっているべきだということは理解しています。仕事をしている身としては、定期的な数値の管理の重要性も非常に理解しているつもりです。

しかし、どうにも面倒という気持ちが強く、続かないことがほとんどでした。パソコンでの家計簿ソフトを使ってみたり、iPhoneアプリを4,5個試したりしましたが、無理でした。

なぜ続かないのか?

なぜダメなのか、ということを分析してみたのですが、

  • 日々使うお金の管理と大きなお金の管理が結びつかない
  • それによって効果分析ができずに「使えない家計簿になる」

ということが原因なのではないかと考えました。

そしてたどり着いたのは、スマホアプリである「Zaim」と、OCN家計簿の掛け合わせです。

ZaimとOCN家計簿のなにがいいか

筆者の今の構成は以下のような形です。

詳しく説明していきます。

普段使いはZaim

普段はZaimから入力していきます。

理由は3つあります。

  • Evernoteと連携しており、自動でEvernoteに入れられる
  • Facebookなどへの投稿が可能
  • OCN家計簿との連動

Evernoteとの連携

まず一点目。Evernoteに連携ができるというのは筆者にとっては非常に重要でした。

Evernoteをライフログとして、いろいろなデータを突っ込んでいる身としては、日々のお金のログは必ず入れたいものです。

Zaimに入れておけば、ログがEvernoteに自動的に流れるのでこの点をクリアできます。

このような形でEvernoteに入ります。

ライフログとしてのEvernoteは、計算などに使うのではなくて、自分で検索したときに、ひっかかったりする時のために使っています。ただ貯めておくに近くて、あまりしょっちゅう見るものではありません。

Facebookとの連携

FacebookやTwitterと連携できるのも素敵です。

上記のように表示されます。Facebookをライフログ的に使う人にはかなり便利です。

OCN家計簿との連動

そして、ここがキモになります。

Zaimなど、家計簿アプリで入れていると、「給与など自動的に振り込まれるもの」「光熱費など、引き落とされるもの」などを忘れてしまうことです。

そこで、筆者は自動的に銀行口座やクレジットカード、Amazonなどの情報をアグリゲートしてくれるOCN家計簿を使っています。

口座やクレジットカードこのように、一覧にして登録してくれるのですね。

分ける理由

入力はZaim、資産管理はOCN家計簿、という形にすることで、何がよいのでしょうか?

まず、日々の改善というのはすべてZaim内で行えます。流動的なお金の使い方を改善していくのです。

たとえば食費が高すぎるな、とか、タクシーに乗りすぎだな、とか、漫画を買いすぎたな、などはZaim内でチェックをします。ここでは、貯金額などは見ません。入力も、負担を減らすために、ある程度ざっくりとやってしまいます。

一方で、大きなお金の流れはOCN家計簿で管理をします。ここでは家賃や光熱費などの固定的なお金の流れをチェックしていきます。

今資産がどのくらいか、資産額はどのくらいか、などを理解することで、大局的なお金の流れを把握できるのです。

この2つを使うことによって、日々使うお金も節約しつつ、大きなお金の流れも把握できるようになるのです。

おわりに

というわけで、筆者のやり方を紹介してみました。

人それぞれいろいろな家計簿の付け方があると思いますが、一例として参考にしていただけると幸いです。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る