生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 6億円以上の取引がされたクラウドソーシングサイト「Lancers」は何がスゴいのか
パソコン・ソフトウェアのハウツー

6億円以上の取引がされたクラウドソーシングサイト「Lancers」は何がスゴいのかPR

nanapiトピックス

はじめに

Lancers クラウドソーシングという言葉をご存知でしょうか。簡単に言うと群衆にアウトソーシング、それでクラウドソーシングです。 インターネットができてから、働き方にも変化がありました。いわゆる「ノマド」という言葉もそうです。ノマドとは遊牧民のように移動しながら働くという人のスタイルです。 しかしノマドにも二種類います。通常のように仕事を受けて、固定のオフィスを持たないタイプの人と、受発注自体も完全にインターネット上で受けて完結してしまう人です。 前者に関しては、営業活動や、打ち合わせなどがある時はいく必要があるケースもありますが、後者に関しては、完全に住む場所や時間に縛られません。沖縄に住んで、昼は遊んで、夜だけ仕事をする、ということも可能なわけです。 そして、そんな働き方をする人のためのサイトが「Lancers」なのです。 ##Lancersの実績

Lancersでは、すでに6.8億円の実績があり、ランサーと呼ばれる仕事をする人に手数料を除いた6億円以上のお金が支払われています。人数も7万人以上、今までの提案数は100万件を超えます。(2012年5月現在)

Lancersは、クラウドソーシングサイトでは3年以上前から運営しており、今や老舗といっていい存在です。

順調に依頼数もランサー数も増えているとのことです。

何が凄いのか

Lancersではとにかく、インターネット上で仕事を完結させるために、ありとあらゆる工夫をしています。

仕事の依頼がしやすい仕組み

たとえば、ロゴを発注しようと思った時には「コンペ式」と「プロジェクト式」という2つの方式が出てきます。ここで選べと言われても、はじめて使う人はよくわからない状態になってしまいます。

Lancersでは「ロゴカテゴリで依頼している 97% のユーザーがコンペ式を選択しています。」という文言を出した上で、どちらがオススメかを一目でわかるようなインターフェイスにしています。

これによって迷わずに仕事を依頼することができます。

その他にも

ロゴという、言語化しにくいものは「どれに近いか」という例を出せたり

バーによって希望イメージが伝えられたりします。

ロゴの商標登録はあるか?と聞かれて、「あり」を選択すると、デザイナーの作業ボリュームが増加するから、依頼金額は高いほうがいいよ、と言われます。なるほど・・・。

ちなみに、個人的に「android.jp」というAndroidサイトを作るとしたら、どういうロゴが出来るか、というのを発注してみました。

金額は35000円でしたが、コンペの結果は以下の通り。

Android系サイトのロゴ作成 | 提案一覧 | Lancers

高レベルなロゴが大量に集まって来ました。開始2日ほどで、20件が集まりました。

しかもほとんどがイメージ通りです。これは凄い。

Lancersが気をつけていること

今回、私は発注側で試してみましたが、そこで気づいたことが一つあります。

それは、発注者側としては「インターネット経由だから安く済ます」という感じでは全くないところです。

実は、Lancersにかぎらず、こういったクラウドソーシングサイトでは、値崩れが起こりやすいという点があります。

実績が欲しい人が、「ロゴの制作10円でやります!」とアピールしてしまうと、次から、ロゴの発注相場が安くなってしまったりします。無理に受ける人がいる以上、制作者側も疲弊し、結果としてクオリティが高いものがクライアントに提供できなくなってしまいます。

「Lancersは安い人に発注するサービスではない」と断言しているように、最低依頼金額、最低相場をシステムで制御したり、独自システムにより、時間給での報酬も可能にしたりと工夫をしているようです。

ちなみに、Lancersのミッションは、1万人に年収500万円を提供しようというキーワードにしており、Lancersで食べていける人を増やしていくことを目的にしているようです。

今後はどうなるか

実際に、Lancersを私が使ってみて思ったことは「Webサイト制作やデザインはLancers上だけで完結することは可能」ということです。

実際にLancers本社では、ロゴやチラシデザイン、営業のリストづくりまで、Lancers内で行なっているようです。

プロジェクトでの時間制ではページのキャプチャを定期的に送るシステムや、仕事実績のフィードバックシステムなども充実しており、細かいところまで行き届いていて安心感があります。

最近、周りでもLancersを使って仕事をしていくWeb系関係者も多くなって来ました。今後、仕事のあり方が大きく変わる一つのきっかけになるかもしれません。

Lancersはこちらからご利用ください

(PR / 古川健介)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る