生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クラウド時代だからこそ意識したい!話題のパスワード管理ツールって?
パソコン・ソフトウェアのハウツー

クラウド時代だからこそ意識したい!話題のパスワード管理ツールって?

nanapiトピックス

はじめに

いわゆるクラウドと呼ばれるサービスが主流になってきており、インターネット上にデータをおくことが一般化しています。

たとえば、以下のようなことをしている人も多いのではないでしょうか?

  • メールはGmailやYahoo!メールなどを使っている
  • 写真をFacebookなどに投稿することが多い
  • Evernoteなどでメモをしている
  • Dropboxを使ってファイルを同期している

しかし、意外にもこういったサービスのパスワードをすべて同じにしてしまっている人が多くいます。もしもどこかのパスワードが漏れたら、すべてのデータを盗まれてしまう可能性があります。

自分で気をつけていてもダメ

さらに、Webサービスによってはパスワードを暗号化せずに所有しているところもあります(最近はさすがに減りましたが・・・)。自分では気をつけていても、たまたま登録したサービスがパスワードを漏らしてしまうこともあります。

悪意のあるサービス提供者もいます。たとえばとあるサービス開発者と話していたところ「登録しているメールアドレスとパスワードで、SNSにログインを試してみたら7割方のユーザーでログインできた」と言われたことがあります。これは完全に犯罪ですが、ユーザー側ではパスワードをどう管理されているかはわからないため、信頼できません。

一番のセキュリティ対策は・・・?

セキュリティを守る一番の対応策としてはやはり

  • パスワードはすべてのサービスで別のものを使う

になります。少なくても、漏れたら困るサービスについてはすべて別のものにするべきです。

しかし、それらのパスワードをすべて管理するのは面倒です。暗記は不可能ですし、パスワードをかけたメモ帳などに載せておくのも、使い勝手が悪いです。

そこで、出てくるのはパスワード管理ツールというものです。

パスワード管理ツールとは?

では、パスワード管理ツールとは何でしょうか?

簡単に言うと、いろいろなサービスのパスワードを違うパスワードで管理できるというものです。そのパスワードを見るのは1つのパスワードで良いので管理が楽なのです。

覚えておくのはマスターパスワードのみでOK、あとはログインをしてパスワードを取得するという形です。

多くのパスワード管理ツールはそれだけではなく

  • マルチデバイスで、PCでもスマートフォンでも使える
  • 自動ログイン機能で、サイトからすぐにログインできる
  • パスワード自動生成機能

などがあるものが多いです。自動ログイン機能はキーロガーと呼ばれる、キーボードを叩いたデータを盗むソフト対策にもなります。

セキュリティを守りつつ、ログイン周りをやりやすくするのがパスワード管理ツールなのです。

どんなサービスがあるか

パスワード管理ツールにはいくつかの種類があります。

KeePass

オープンソースで作られているKeePassはもっとも有名なものの1つです。Windows,Mac,Linuxで使えますし、iPhoneアプリやAndroidアプリなども充実しています。

基本的に英語ですが、パッチを入れることで日本語対応も可能です。

無料でどこでも使えるため、まず試してみたい人にはオススメですが、インターフェイスなどについては有料のものと比べるとやや見劣りします。

1password

1passwordも人気もパスワード管理ツールです。KeePassなどに比べてインターフェイスが洗練されており、またiPhoneアプリやAndroid、iPadなど、主だったデバイスの対応もすべて完備されています。

Google Chromeなどのアドオンも用意されており、アクセスしているURLから、自動的にID/Passwordを入れてログインしてくれる機能もあります。

ただし有料となっており、Mac版だと$49.99(2013年03月現在)となっており、他のデバイスでも使う場合は別途ダウンロードに料金がかかります。また、すべてのインターフェイスが英語のため、とっつきにくさは感じるかもしれません。

LastPass

LassPassもマルチデバイスがひと通り揃っており、また自動ログインも可能です。

一部のデバイスなどではプレミアムになる必要があり、月額$1かかります。

LastPass

マイパスワード

マイパスワードは、NTTコミュニケーションズが提供する和製のパスワード管理ツールです。日本製のパスワード管理ツールは数が少ないので、貴重な1つです。

5つの登録までは無料で、それ以上は月額150円がかかります。Windows版とAndroid版があります。

海外のものを使うのはちょっと不安・・・という人にはオススメです。

マイパスワード | インターネット

その他

ID Managerも人気のソフトです。Windows版のみとなりますが、無料で使える高性能なソフトです。

おわりに

パスワード管理ソフトの基本を紹介しました。

パスワードを一括で同じものにしているのは本当に避けたほうがいいことの1つです。まだ使っていない方は、是非ともこの機会に利用しましょう!

古川健介[PR]

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る