1. PICK UP
    2. 彼女には秘密にしておきたい!?結婚の節約テクニックまとめ

    彼女には秘密にしておきたい!?結婚の節約テクニックまとめ

    nanapi

    結婚式といえば、何百万円もお金がかかります。そんなに貯金はないけど、かといって予算を抑えすぎた式に出席するとガッカリ。これからもお世話になる人たちに「行って損した…」なんて思われたくないですよね。

    ここでは、結婚式で無駄なお金を使わないための節約テクニックについて説明します。

    無駄なお金を使わないための事前準備

    予算計画を立てる

    結婚式・披露宴の自己負担費用は、総費用からご祝儀で回収できる分(だいたい出席者数×3万円)を超えた分になります。親からの支援や二人の貯金から、どれくらいまで費用をかけてもいいのか予算の上限を決めておきましょう。

    実際に衣装やサクセサリー、花などを目にすると、彼女の予算が無限大になってしまうことがよくあります。

    見積りをもらい費用総額を計算する

    結婚式場へ見学に行くと費用の標準的な見積りを出してもらうことができます。しかしこれには引き出物・引き菓子・挙式料・結婚指輪などの金額は含まれていないことが多いので注意が必要です。標準見積+100万円程度かかることがよくあります。

    金額が上がるオプションは精査する

    式場からはオプションとしていろいろな演出を提案されます。メジャーなものではケーキカット、キャンドルサービス、挙式時のフラワーシャワーなどです。

    詰め込んだ分だけ費用がかさみますし、詰め込みすぎるとゲストもゆっくり食事をすることができなくなるのであまりお勧めできません。彼女と話し合い、絶対にやりたい演出、参加した式でよかった演出を絞って取り入れましょう。

    お酒・料理・引き出物など直接ゲストに関わる部分を安くあげようとするとガッカリな式になりますので注意しましょう。

    他にも、プロの方の撮影、お色直しの回数を増やす、装花のグレードアップなどでも見積りがどんどん高くなっていきます。

    結婚式費用の節約テクニック

    STEP1:式は人気のない日取りを狙う

    費用は式を開く時期や日取りに左右されるので、希望がないのなら安く挙げられる仏滅やあまり人気のない時期を選ぶと大幅に値引きをしてくれる可能性があります。

    3~5月、9~11月が人気のシーズン、真夏・真冬・梅雨どきは人気のないシーズンになります。また最近では、オフシーズンや仏滅の日、ナイトウェディングを利用する方向けの割引プランを用意している式場もあります。

    人気のない日取り・時間を狙い、オプションや持込料を無料にしてもらうなどの交渉をしてみましょう。

    真夏や真冬の場合は、列席者が心地よく過ごせる温度か注意しましょう。ガーデンでの写真撮影などは参加者に最悪の思い出を残すことになりかねません!

    STEP2:百貨店のウェディング割引サービスを利用する

    これから結婚するカップル向けに、大手百貨店が会員制の割引サービスを行なっています。指輪・ドレス・結納品・引き出物・両親への記念品・家具などが10%程度割引になったり、式場への持ち込み料を負担してもらえたりします。

    地域によって優待内容が異なる場合もあるので、利用する百貨店で確認してみましょう。

    STEP3:遠方から親戚をたくさん呼ばなければならない場合は別途食事会を設ける

    地方から親戚を呼ばなければならない場合はお車代もバカになりません。その場合は地元で食事会を行い、披露宴は友人を中心とした1.5次会にするという手もあります。

    お車代を全額出す、半額出す、出さない、などは親戚間で取り決められていることが多いので、ご両親に聞いてみるといいでしょう。

    STEP4:装花にこだわりすぎない

    意外に費用がかかってしまうのがテーブルのお花やブーケです。バラは高額になりがちなので、代わりにカサブランカやシャクヤク、カラーなどを多めに入れてもらうと比較的費用が抑えられます。花の種類が多いとその分高額になるので注意しましょう。

    見積もりが高い場合は、「●万円でできるものを提案してください」と言ってみましょう。花屋さんが工夫をしてくれます。
    ブーケは持込みに応じてもらえる場合もあります。彼女の好きな花屋さんで発注する、友達に作ってもらうなどの工夫も検討してみましょう。これだけでも2~3万円位節約することができます。

    STEP5:衣装にこだわりすぎない

    衣装は披露宴のプラン内で借りられるものから、オーダーの100万円近いものまで大きな幅があります。アクセサリーや下着でもすぐに10万、20万と料金が上がっていくので、あらかじめ二人の間で予算を決めて選びにいきましょう。一生に一度のこと、と彼女の夢が膨らんでいくと危険です。

    実はお色直しに和装を入れると衣装の金額がぐんと上がります。特に彼女の希望がなければ避けておくのが無難です。
    県民共済などで衣装を安く借りられる場合があります。特にさいたま県民共済では2人分何着でも5万円で借りられるというプランがあります。

    STEP6:持ち込みできるものは持ち込む

    結婚式場には、会場によって「持込みが無料のもの」「持込料がかかるもの」「持込不可のもの」といった制限がかけられています。

    会場を通して手配すると会場側の利益が乗せられていることがあるので、持込無料のものはできる限り2人で準備をした方がコストを下げられます。

    招待状、席次表、当日上映するムービー、両親への記念品などはこのようなケースが多いでしょう。

    STEP7:ご祝儀が高めのゲストを多く呼ぶ

    一般的なご祝儀相場では、同僚・友人が3万円、後輩は2~3万円、上司は5万円、親戚や兄弟は5~10万円といったところです。

    後輩が多くなれば入ってくる金額が下がるので、披露宴は上司や親戚を中心とした堅めの会に、二次会で友人や後輩を多く呼ぶという手もあります。

    結婚式をもっとお得にする方法

    「他にお得な情報はないの?」「もっと節約したい!」という方におすすめなのが「ウェディングPonta」です。提携結婚式場フォトウェディングドレスショップを利用したり、ウェディングPontaデスクへ来店したりするとポイントがたまります。

    ウェディングデスクでの相談~式場決定までPontaを利用すると最大で1万2,500円分のポイントがたまるうえ、たまったポイントはローソンやHIS,引越しのサカイ、昭和シェル、ケンタッキー、HMVなどのさまざまな提携店で利用でき、新生活準備に活用できます。

    提携結婚式場のウェディングPonta専用割引プランもたくさん用意しています。デスクで相談してみましょう。
    かわいいウェディングPontaカードを無料請求するにはこちらから

    「ウェディングPonta」の利用可能先一覧

    ウェディングPontaはこんなところで利用できます。

    おわりに

    いかがでしたか?以前は冠婚葬祭で割引をしてもらうのはタブー視されていたこともあるようですが、賢く情報収集すれば同じ予算でより満足度の高い式にすることができます。

    新生活のお金を確保するため、彼女をしっかりリードしましょう!

    (image by PresenPic

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部