生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自宅で気軽に副業!ネットを活用した人気の在宅ワーク5選
ビジネス・経済

自宅で気軽に副業!ネットを活用した人気の在宅ワーク5選

nanapiトピックス

インターネットでお仕事しよう!

パソコン、インターネットの普及で、自宅にいながらでも、できる仕事が増えてきました。そこでこの記事では、そんなネットを活用した在宅ワークの中でも、特に人気のあるお仕事についてご紹介します。

人気の在宅ワーク5選

在宅ワークの中でも、特に人気の高い「事務サポート」「ライティング」「デザイン」の中から主なものをご紹介します。

|~カテゴリ|~名前|
|事務サポート|データ入力|
|^|テープ起こし|
|^|Webサイト運営サポート|
|ライティング|Webライター|
|デザイン|イラスト・ロゴの制作|
情報提供:シュフティ [shufti]

1. データ入力

データ入力とは、フォーマットに指定された情報を入力していくお仕事です。入力する情報は、紙ベースの名刺情報や、ネットを使って自分で調べたお店の基本情報(住所・営業時間)など、さまざまなものがあります。

特徴

決められたデータを入力していく作業なので、ある程度の集中力が必要です。単価は低いですが、作業自体はとても簡単なので、パソコンの操作に慣れている人ならとても始めやすい仕事かもしれません。

また、完全出来高制のため、締切日以外の時間の制約がないものが多く、好きな時に作業することができます。

時給換算すると200~800円程度稼げるようです。ただし、出来高制なので、慣れてくれば時給はUPしていきます。

こんな人におすすめ!

まとまった作業時間が確保しづらい人

完全出来高制のため、ノルマさえクリアできれば、後は自分のペースで仕事を進めることができます。子どもが生まれてからまとまった仕事時間を確保できなくなった方にはピッタリです。

パソコンに慣れている人

データ入力のためにExcelを使ったり、インターネットを使って指定された情報を自分で調べたりすることがあるので、ある程度パソコンに慣れているとやりやすい仕事ではあります。

タイピングスピードの速い人

タイピングの速さによって時給が変わってくるので、タイピングに自信のある方におすすめです。

タイピングの練習にもなるので、練習を兼ねてデータ入力を行う人もいるようです。

単純作業が苦にならない人

基本的にデータを入力するだけなので、単純作業が苦にならない人が向いています。加えて、「自宅」という落ち着く環境で、自分のペースで進めていくため、誘惑に負けない集中力も大切です。

2. テープ起こし

テープ起こしとは、会議や対談などの様子を録音した音声データを元にテキストデータに書き起こす仕事です。

特徴

よく聞こえなかった単語、意味があやふやな単語を音を頼りに検索しながらテキストに起こしていきます。目安として、1時間の音声を起こすのに、3時間程度かかるようです。

録音状態が不明瞭であったり、話者が複数の場合など、聞き分けるのが大変な場合もあります。

音声1時間あたり6,000円がだいたいの相場になっているようなので、時給に直すと2,000円弱稼げる計算になります。

こんな人におすすめ!

忍耐力のある人

録音されている会議や対談は、内容によっては興味が全く持てないものもあるでしょう。時には巻き戻したりしながら繰り返し聞かなければならないので、忍耐力を求められる仕事と言えます。

タイピングスピードに自信のある人

タイピングスピードが早いほど一時停止や巻き戻しが減り、効率的に作業を行うことができます。結果として時給にも響いてくるので、自信のある方にはおすすめです。

会議の議事録を取ったことがある人

話を聞きながら文字に起こしていく作業なので、会議で議事録を取った経験がある方には馴染みやすい作業かもしれません。

3. Webサイト運営サポート

ECサイトなどのWebサイトに画像をアップロードしたり、指定されたルールに従ってデータを作成したりするお仕事です。修正後、先方のチェックが入り、再修正をお願いされる場合もあるようです。

特徴

定期的にサイトを更新するような業務内容なので、ある程度の期間、継続して契約をする、という形になります。データの更新業務は単純作業になりますので、忍耐力も欠かせません。

こんな人におすすめ!

コツコツ作業するのが苦手でない人

細かい作業が多く、かなり地味な作業になるので、コツコツ続けることを苦に思わない方には向いているでしょう。

Webに興味がある人

サイトの運営や構築といった、Webサイトの作り手側に回る仕事なので、インターネットが好きでWebの仕組みに興味がある人、またその知識がある人には向いています。

4. Webライター

Webライターとは、「新商品のPR文章執筆」「コラム執筆」など、指定されたテーマで執筆し、指定された形式で納品するお仕事です。

特徴

データ入力とは違い、こちらは指定されたテーマで、ある程度クオリティの高い文章が求められます。ただ、普段からブログや日記を書いている人であれば、敷居は低いと言えます。

また、データ入力に比べて執筆スキルが求められる分、単価は高めに設定されることが多いです。

読みやすい文章を書く練習になるので、ライティングスキルをアップすることもできるかもしれません。

サイトによってまちまちですが、1文字0.1~0.5円が相場のようです。

こんな人におすすめ!

パソコンで文章を書くのが好きな人

基本的なことですが、文章を書くのが苦にならない人に向いています。ブログや日記をつけている人など、普段からパソコンで文章を書くことに慣れている方にはオススメです。

ライティングスキルをアップさせたいと思っている人

他人が読む文章を書くことになるため、客観的で読みやすい文章を書くことが求められます。最初は難しいかもしれませんが、続ければライティングスキルの向上にもつながるでしょう。

5. イラスト・ロゴの制作

Webサイトやチラシなどに使われる、イラストやロゴを制作する仕事です。

特徴

イラストやロゴを制作するためのIllustratorやPhotoshopなどの専門的なソフトの利用経験と知識が必要になるため、単価は高いお仕事です。自ら想像を膨らませて一から制作するものから、すでにあるものを修正するものなど難易度は様々ですので自分のレベルにあったものを見つけましょう。

最近は1つの応募に対して、複数の在宅ワーカーがデザイン案を提出して1名が当選するコンペ方式というお仕事も多くなっています。

コンペ方式のお仕事は枠は狭いですが、採用されれば1件で数万円稼ぐことも可能です。

こんな人におすすめ!

発想力・想像力に自信がある人

コンペ方式のロゴ制作などの場合、クライアントの要望を元に一からデザインを考えなくてはなりません。クライアントの要望を聞いてイメージをふくらませることができる発想力・想像力が大事になります。

デザインの経験がある人

ロゴやページレイアウト、中にはキャラクターの募集などもありますので、デザイン関連に造詣が深い方、趣味などで日常的にデザインにかかわっている方には向いているでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ネットを活用した在宅ワークの中でも、主なものをご紹介しました。

ぜひご自身のライフスタイルに合ったお仕事を探してみてくださいね。

(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る