1. PICK UP
    2. これで完璧!気になるお肌の紫外線対策5つ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    これで完璧!気になるお肌の紫外線対策5つ

    nanapi

    紫外線対策、本当にそれで十分ですか?

    近年では『日焼けは健康に悪影響を与える』とされ、紫外線予防が一般的に行われています。夏場だけでなく、年間を通じて紫外線対策をする方も増えているそうです。

    シミやソバカスの原因である紫外線は、絶対に対策しておきたいですよね。お肌への影響を防ぐため、効果的と言われている紫外線対策をご紹介します。

    1:行動で紫外線対策をする

    そもそも紫外線を浴びない!ということも重要です。

    ピークの時間帯を避ける

    夏に降り注ぐ紫外線量が多いのは午前10~午後3時ごろだと言われています。この時間は太陽が高い位置にあるため、照り返しなども含めて身体全体に紫外線を浴びてしまう可能性が非常に高くなります。

    お仕事やお買い物などで行動することが多い時間でもありますが、紫外線のピークの時間を避けて行動するのも、紫外線対策のひとつなのです。

    日陰を利用する

    紫外線を避けたいと思っていても、どうしても外出しなくてはならないといったこともあるでしょう。そんな時は直接太陽光が当たらない日陰を利用してお出かけすることをおすすめします。

    しかし、直接の紫外線が防げる日陰であっても、空気中にある紫外線を浴びることになるので万全の対策が必要になります。

    2:化粧品や日焼け止めで対策する

    女性の方は『紫外線が防止される成分が含まれている』化粧品を使うことで、お化粧だけでも簡単に紫外線対策ができます。

    また、日焼け止めを使うことも効果的です。

    効果や使い勝手など、いろいろな種類の日焼け止めがあります!
    [https://nanapi.com/ja/86729]

    3:衣類や日傘で対策する

    帽子・日傘で直射日光を防ぐ

    単純なとこではありますが、帽子や日傘で直射日光を防ぐことも効果的な対策です。

    つばが大きい帽子や、光を吸収する黒色の日傘を利用することをおすすめします。

    白色の服を避ける

    白色は光を反射しやすいため、たとえ帽子や日傘で頭上からの紫外線を防いだところで、服から照り返した紫外線を顔に浴びてしまうということもあるようです。

    それに対して黒色は光を吸収する色なので、紫外線も反射することが少ないと言われています。

    4:UVケア効果のあるメガネを利用する

    紫外線はお肌だけではなく、実は目からも入ってくるのです。

    目から入ってきた紫外線が影響して、お肌のシミやソバカスに繋がるとも言われています。

    メガネでUVカットする方法の詳細はこちら!
    お肌のシミは目が原因!?メガネで紫外線対策をする方法

    そのため、UVカット加工が施されたメガネやサングラスを利用することをおすすめします。これにより、目から入ってくる紫外線を90%以上もカットできるとも言われています。

    サングラスのようなカラーレンズだけでなく、実は透明レンズのダテメガネでも紫外線対策として効果的です。

    5:食事による紫外線に強くなる栄養補給

    食事から補える栄養によって紫外線に強くなる体を作るというのも、有効な紫外線対策のひとつです。

    紫外線防止となる栄養素として、一般的には以下のものが挙げられます。

    • 皮膚の新陳代謝を高めるビタミン
    • 細胞の再生に必要なミネラル
    • しみを防ぐ効果のあるアミノ酸

    これらを多く含む食材や料理を食べることによって、紫外線に強い体をつくったり、紫外線のケアができる栄養を補給したりすることができるでしょう。

    おわりに

    シミやソバカスの原因となる紫外線は、女性にとっては天敵ですよね。また、男女を問わず、紫外線の浴びすぎは健康に悪影響を及ぼすことがあります。

    特に夏場のシーズンは非常に紫外線量が多いため、しっかりとした紫外線対策を行わないと美容や健康の維持に影響を与えてしまうこともあるでしょう。

    こちらで紹介した方法を実践して、紫外線対策をしてみてください。

    (image by PresenPic)

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部