1. PICK UP
    2. 大人の禁断の恋…この恋の結末を知る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    大人の禁断の恋…この恋の結末を知る方法

    nanapi

    どこからが不倫?

    つきあっている彼に妻子がいる、自分も相手も既婚者でW不倫をしている…等、いわゆる「不倫」と呼ばれている関係に意図せず陥ってしまうことが、世の中には往々にしてあるようです。

    • 好きになった人にたまたま奥さんがいただけ
    • そこまで本気になってないから大丈夫
    • 今という時間をちょっと楽しんでいるだけ

    そんな言い訳をして、ついつい大人の禁断の恋にドロドロとハマってしまっていませんか?

    いろいろな不倫の形

    ひとえに不倫と言っても、ちょっとした身体の浮気から、独身カップルのような恋人関係、家庭と不倫の二重生活、果ては略奪婚…といったいろいろなレベルがあります。

    一般的には、既婚者に対して「好き」という感情をもつことだけでは不倫とは言わず、既婚者(妻・旦那以外の異性)と深い恋愛関係に陥る状態を不倫と言います。

    でも、深い恋愛関係には個人差がありますよね。一体どこからを不倫と言うのでしょうか。「自分が置かれている状況は、いわゆる不倫にあたるの?」という疑問がある人も多いはず。

    家庭の邪魔をしなければ不倫とは言わないのでは?

    例えば、彼の家庭に対して嫉妬心を抱かずに、二番手という状況を敢えて楽しんでいるとします。「自分は二番手、彼は家庭を第一に尊重してくれた方がいい」と、ここまで理解している状態でも不倫と言うのでしょうか。

    また、彼に金銭的援助をしてもらっている関係や、奥さん公認の二番手な関係(いわゆる愛人や妾)という立場にあって、彼の家庭には一切口出ししないという状況もあるでしょう。

    「私は理解のある女だから、これは不倫じゃない」…そんな風に甘い考えを持って、ズルズルと関係を続けていませんか?でもそれは、あなたが法律的な婚姻制度を無視した考え方をしているだけで、れっきとした不倫なのです。

    どうしていけないの?

    そもそも不倫はどうしていけないの?

    そもそも不倫がいけない理由とは何なのでしょう。民法では、夫婦が貞操を守らなければならない義務を定めています。法律的に「継続的な肉体関係が他にあってはならない」とされているのです。

    つまり不倫がいけないのは、法律上は肉体関係のことを言っていて、それ以外の問題に関しては倫理上の問題です。配偶者が精神的なダメージを受けたり、自分の家庭や相手の家庭を壊す可能性を秘めた行為は、倫理上いけないこと。倫(道徳)に反するから「不倫」なのです。

    悪いのは彼じゃないの?

    でも、女心として「特殊な状況だから悪くない」と思いたい下記のようなケースもあります。

    • 彼の奥さんも不倫してるみたい…だから悪くない?
    • 彼の奥さんは感づいてみたいだけど放置してる…だから悪くない?
    • 家庭と私以外でも彼は遊んでるみたい…だから悪くない?

    彼の状況がどうれあれ、継続的肉体関係があれば不貞行為に当てはまります。それ以外は彼自身と彼の家庭の問題なので、それで良いということにはならないのです。これらは、問題の論点をすり替えて、さらに他人に責任をなすりつけてしまっているだけです。

    バレたらどうなるの?

    不倫がバレた時、その代償にはどんなことがあるでしょう。妻から不倫相手に慰謝料を請求できるというのは有名な話ですね。お金の問題だけではなく、社内不倫や仕事がからんだ人間関係だった場合は、人としての信用を下げ、人間関係を壊したり地位を失うこともあるでしょう。

    バレたらやめるではダメ?

    バレた時点でやめても、不貞行為は時効(3年)消滅するまであったとされます。別れて忘れた頃に慰謝料請求される、なんてこともあるかもしれません。

    「既婚者だと知らなかった」と言ってはダメ?

    彼が独身だと嘘をつき、既婚者だと気づく余地が全くなかった場合に限り、その状況を証明することができれば慰謝料請求に応じる義務は生じません。しかし、証明するには「彼が既婚者ではないと嘘をついた」証拠が必要なことが多いそうです。

    彼が既婚者であることを薄々気づいていた場合でも慰謝料請求を免れるのは難しいケースなので、「既婚者だと知らなかった」という嘘がまかり通ることはまずないと言えるでしょう。

    あなたは、どうなりたいと思っているの?

    リスクが大きすぎる禁断の恋とは言え、一度始めたものを急にやめるのは難しいことですよね。そもそも自分が本当はどうしたいのか、考えることすら面倒で、成り行きに任せているタイプの人も多いでしょう。

    • このままうまく隠れて、なんとなくつきあっていたい
    • できれば別れたいとは思うけれど、気持ちの整理がつかない
    • 先のことはわからないけど、とりあえず奥さんとは別れて欲しい
    • 自分との家庭を築いて欲しいので、略奪婚したい
    • 他に好きな人を作って、次の恋に進みたい

    いかがですか?上記の中で、あなたにも当てはまるところがあったのではないでしょうか?

    あなたと彼の本心とは?

    やっぱり自分のこととなると、気持ちを整理してもイマイチどうしたらいいのかわからない…この恋をどうすべきか知りたい…と思っても、内容が内容だけに、友人にもなかなか相談しにくいもの。そんなときには、電話占いを使ってみるという手があります。

    経験豊富な占い師さんが電話やメールで恋の悩みに答えてくれます。写真画像占いでは、対面占いのように外見から醸し出すオーラを感じてもらえるかもしれません。友人ではないので気兼ねなくとことん話せますし、秘密が漏れる心配もありません。占いや会話のキャッチボールを通して、自分が本当に望んでいることを知るチャンスです。

    • 自分の本当の心理を知りたい…
    • 彼が本当はどう思っているのか知りたい…
    • とりあえずモヤモヤした思いを聞いて欲しい…

    そんな大人の恋の悩みがあったら、「電話とメール鑑定のウラナ」に試しに相談してみてはいかがでしょうか。今なら初回10分無料で電話占いができてオススメですよ。自分の本心とこの恋の結末を知れば、幸せは意外と近くにあるかもしれません!

    (image by PresenPic)
    (image by PresenPic)
    (image by PresenPic)

    このライフレシピを書いた人
    nanapi編集部